いぼとの闘い ザ☆ファイナル

2018/3/10 追記

いぼですが、2017年になぜか転職したら治りました。やっぱ免疫性

なんですかね。かかとも小指もなんもなくなりました。


尋常性疣贅(ようはウイルス性いぼ)との闘いも長いです。

ここにいぼで検索してくる戦友達も日々戦っておられると思います。

私もその一人です。そろそろ最後の闘いに挑みたいと思っています。

私の知る限り、ウイルス性いぼは

1.ウイルスに侵された部分を完全に取除く。

2.体の免疫システムがウイルスに対して耐性を持つ。

この二種類以外にありません。液体窒素にしろ、木酢液にしろ、
レーザーにしろ、サリチル酸にしろ、線香で焼くにしろ1.が
できればよろしい。という事です。

ウイルスは菌ではありませんので、殺菌は意味がないと言いません
が、ようはウイルスに侵された部分を何らかの手段で取り除くという事ですIMG_20151008_152046

俺にも色々と試した時期がありました。スピール液。ようはサリチル酸ですね。
患部に塗ると白く腐食して取り除けるというものです。いぼの小さいうちは
こいつでいけます。事実私も
img_0004

上の画像では何もなく治った後ですが、ここには下記のような
いぼの初期(皮膚の上からは白い点みたいなものが見える。下記の
親指の腹の真ん中に点みたいなものがあるのですが、ここがいぼの
芯です。)

img_0003

サリチル酸で取れるのはこの手の初期段階ですね。
何回か塗っては削りをすると拡大前なので取れるでしょう。

しかし、

img_0002

このかかとみたいになるとダメですね。ここも初期は小さかった
のですが、処置をミスり、今みたいに育ってしまいました。
こうなると木酢液でもサリチル酸でも取れません。画像はサリチル酸
で皮膚を薄くした状態なのですが、ここと赤い部分がいぼ最戦前で
真皮まで行ってもダメ、かと言って放置もまたいぼの復活を許す
だけと非常に難しい事になります。

ここで、今回は新しい兵器の登場です。私もネットで調べた際には

えっ!??

と思いました。

img_0001

それはダクトテープです。3Mのとアサヒペンの2種類がありました。
どっちも効果あるとの事なんで、安いアサヒペンをチョイスしてみました。

ではこいつをかかとに張り、いぼとの闘いに励みたいと思います。

現在いぼはかかとと後2箇所にある(これは軽症なのでサリチル酸で)
のですが、完治を目指したいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. kokoon より:

    始めまして、
    クレイ内服について調べていたらこちらのブログにたどり着き、ウイルス性いぼとの戦いを拝見してしまいました。
    ワタシも長年いぼに悩まされていましたのでついついコメントさせて頂きました。
    一番最初に出来たいぼは最初に魚の目だと思って対処したのがかえってひどくさせてしまいました。3年ほど皮膚科に10日位毎に行ってドライアイスで焼いてもらってましたが全く良くなりませんでした。その後木炭屋の木酢液を気長に毎日夜に貼付して1年位経った頃に何となく小さくなってきて、その後もしつこく貼付を続けていたら綺麗に無くなりました!とはいえ小さいのがちょくちょく色んなところに出てきますので、見つけたら速攻木酢液貼付です。しつこく。いぼに永遠にアデューといいたいものです。

    • kokoon さん

      始めまして。私もいぼとの闘いは長いです。子供の頃に
      一度治ったのですが、ここ数年は苦闘の日々です。ようやく
      ウイルス性いぼはいじらない。一気にやる。免疫力を
      高めて底からウイルスを押し上げるとか新たな知識を
      身につけています。

      本日はようやく液体窒素デビューでしたが、木酢液
      と併用ですかね。私は今回はいぼとは縁を切るつもり
      なので、根気よくいきますよ。お互いガンバです。

  2. 食べる前にノム! より:

    現在、足裏にいぼ(8ミリ程度)と格闘中です。
    ダクトテープでの結果が気になります。
    どうなったのでしょうか?
    是非是非、レビューをお願い致します!!!!!

  3. 匿名 より:

    食べる前にノム!様

    ダクトテープですが、私個人の意見としては

    意味がない。(あるのかも知れませんが。)

    という結論に至りました。液体窒素での治療も時間が
    かかるので、イボの治療は

    諦め半分と地道な治療(冷凍やイボコロリなど(としたのは
    病院なんか会社勤めてたら行けないですもん。))だと思い
    ます。

    医者に行けないならイボコロリで地道に塗る。揮発した
    のは補充という感じで絶えずイボの発生源を取り除くという
    感じでいいのでは?と。

    足裏のイボはまだ2か所残っています、、、冷凍凝固数回で
    無くなったところが数か所なので病院に行くのが隔日(冷凍
    凝固は自分でできないですから。)はきついと思うのですが
    行けるなら行く。行けないなら、多分、イボコロリで地道に
    菌に侵されたところを取り除くというのがいいのかなぁ、、、、、
    とふと思います。

    回答になってませんが、上記みたいな感じです。