8/10 スコーピオンBFSを買った話

かめやでスコーピオンBFSがセールだったんで買いました。ギアは8:2の
やつ。回収速いから。普段のやつは6:3でいいけど。

クーポンつけて税込み21800円まぁ、いいんでは。タトゥーラ2019も13900円
になるからこれと悩んだけれど、スコーピオン2019があるから。あえて同じよう
なのは買わなくていいよなと。

ベイトフィネスが要るなと思ってたんですよね。

フロートボートで釣りをしだすと、スピニングがどうもおっくうというか。

ベイトの方が楽なんです。昔と違ってバックラッシュもほぼしないし、だったら
いちいちキャストが面倒くさいし、狙ったポイントになげにくいスピニングよりは
ベイトの方が投げやすいしで使う理由もあんまない。

事実、スコーピオン2019で沈み蟲もなんなくキャストできるけれど、4インチグラブ
のノーシンカーは少ししんどくて、スプリットショットをかまさないといけない
けれどそれでも少しねぇと。

で、ヤマセンコー5インチをつけたけれど、これはこれでいいけれど、やはり軽いルアー
や小さいルアーがいい時もある訳で。(沈み方とかで)かと言って、スピニングを
カバーにぶち込むのはまたこれも違うわけで、

で、

ここは、ひとつ。ベイトフィネス。

というわけでタトゥーラーSV TWを考えたけれど、
タトゥーラ2019が安くなってるから専用に買おうかなと思ったけどこれにした。
あれはあれでZガンダムみたいに可変MSみたいなカッコよさがあるけれど、、、
私はシマノ派、ダイワ派で言えばどっちかっていうとシマノ派。最初のベイトが
バンタム TX-10にエクセージというこれまたシマノだったんで、なんとなくシマノ
なんだな。初の左巻きはダイワだった。海外向けの国内向けは2ボールベアリングだけど、
海外は左巻きで5ボールベアリングのモデルがあり、国内右は2Bで右巻き。海外は黒
だったと思うけど、金のスプールでこれまたスプールがカタカタなんだが、左巻きの
選択があんまりなかった時代だから、、、

それでようやくスコーピオンの左巻きを買って感動したね。(これも浅いスプールでは
ないから、バックラッシュした日には、、、まぁ、それでもバンタムとかダイワのよりは
しにくかったから格段に釣りがしやすくなった訳だ。その辺から

スコーピオン=最高

みたいなものを植え付けられてる訳。

アルデバランとかアンタレスとかそれ以上もある訳だけれど、スコーピオンがいいんですよ。
これは赤じゃないのが少しスコーピオンらしくないけど。
2019スコーピオンはもう最高。バックラッシュなんかしないし(するのはするけど、
糸を切るようなバックラッシュはない。セッティングなどそんなにしない私がこれだから。
よく飛ぶし、軽いのでも投げれる)

で、タトゥーラにいきかけた私がなんでスコーピオンBFSにしたのかはもうこれ読んだ
人はあぁ、そうなんだなってわかってもらえると思うんだけど、
買った訳。

スピニングロッドはどうにも。

これシマノだけどマグネットブレーキなんだね。

あっ、ロッドがないよ。買わないとなぁ。ポイズンアドレナが中古で2万円とあったが、
ロッドはねぇ。私は基本的に高い釣り具は要らないと思ってる訳なんで。
ベイトリールは金で機能差が感じられるからいいけれど、スピニングなどは
わからんもん。

昔、金持ちにシマノのステラを使わせてもらった時はすごいなぁと思った
けれど、ダイワのツイストバスターと普通のスピニングの違いほど衝撃があったわけでも
ないし、

ようは私がいいたいのはこれ。高いなら高いなりの圧倒的な違いを
感じさせないといかんよ。

と言いたいのです。圧倒的に違うならそこに金をかける訳はある訳で。
高くて価値があるのはわかるんだけど、それなりの投資で絶大な効果を
生むというのがe-んだよ。だから私は中華リチウムイオンバッテリーを買った。

今日言いたい事はこれ。スコーピオンBFSよ、2万円以上の価値があったと
言わせるリールであってくれ。
と。あっ、スコーピオン2019はいいリールでした。タトゥーラと迷ったけれど、
やっぱスコーピオンだよね。赤がいいよねと。言うだけの事はあった。

バスも沢山つれてまんぞくばい。