フロートボート メンテナンス

フロートボートのマウントの当て木が割れてしまっていたので、交換
しました。

エレキの40lbでも65lbでもMAX速度で走らせると ガキっという音と
ともになんか外れたのか知らんけどエレキが跳ね上がる。
プラスチックが割れたか?と思ってもそうでもないので、どうやらこいつが
劣化したのが問題っぽい。

さー始めよう何がいるかな?ガーデニングx2 思い通りに作れるかな? BIY! x 2

という感じでまず調べる事から。

板は10㎝x18㎝x22㎜(厚み)で、これは本体にM5 の皿ネジ(25㎜)とフランジ
ナットで取り付けられてます。

上の画像の穴は半分くらいまで掘られていて、そこでフランジナットが
取り付けられてるんだけど、この加工は簡単ではないので、却下。どうせ
取り付けられたらいい。エレキがマウントする時にナットが干渉しなければ
e-んだし。

ホームセンターで幅10㎝厚み20-25㎜(私は25㎜にした。どうせ締め付けるの
だからオリジナル(測ったら22㎜だった。最初の厚みは知らん)より厚い方が
いいかなって。

で、18㎝の長さに切ってもらった。西村ジョイで。

あ~な~たの暮らしに活き活き素敵な毎日~ 便利、最高よ、ホームセンターは
ジュンテンドーでもいいけれど切ってくれないから西村ジョイ。端材があれば、
安くあがったがないから1100円で。

5枚できた。これでまた簡単に取り換えする。

西村ジョイで穴をあけてくれと言ってもやってくれんからドリル5㎜を
買って(電動ネジ回しに取り付けられるやつね。)

幅10㎝に対して5㎝ 18㎝から4㎝の位置に穴があるのでそこに印つけて、

穴あけ。ダイソーで売ってるけど、西村ジョイのおばちゃんに色々と質問した
から4-500円だったか?と皿ネジM5 の50㎜を買った。
で、取り付け。エレキのマウントもちょうど鑑賞しない位置に
できた。

これで、全開でエレキ回しても、ガキっという音とともに何かが
外れる音がする(ずれる)事はないはず。これでフロートボートに
ついてやる事は大分減った。魚探の架台もアルミにしたし。

穴開けた板が4枚余ってるので欲しい人は送りますよ。M5ナット(50㎜)だけ買えば
よいです。15円くらいでバラ売りしてるはず。私はステンレスにしたけどさ。
(45円くらい)

これをもう片方にもラダー取り付けるところに板付けたいのだけど本体に穴開けないと
あかんのよね。板だけ挟めばいいんだろうけど、これはドーリーの時にアルミの板
挟んでもずれる事わかってるから固定しないとアカンのよ。

とりあえず、BIY成功。


追記

ガゴンという音はしなくなったので、やはり力がかかって板がずれる音だったようです。
速度MAXにしても全然問題なし。これはゴム板に変えようと思います。結構力かかるようで
新しい木も跡がついてきたので。クランプの締め付けと衝撃吸収用ならゴムの方がいい
かなって。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする