8/20 台湾にまたバラムンディ釣りに行く

6月にも台湾高雄の釣り堀でバラムンディを釣ったのだけど、今月また行く。

まぁ、これが楽しい訳よ。3時間1000円で養殖池で釣るんだけどもうボコボコ
釣れる。

前は舐めまくっていて(調べる時間もなかったが)、パックロッドとスピニング
に2号の糸巻いて行ったけれど速攻竿折れた。後、2号だと全然ダメ。

現地にいたガイドのおっちゃん(日本人)いわく、最低6号。後、結構細かい
ルールがあり、バラムンディを池から揚げず針を外すとか色々と教えてもらった。
よって、今回はPE4号とリーダー70lb(PE3号とリーダー50lbくらいでいいみたい
だけど)を用意した。

後、飛行機にロッドを持ち込むのにPROXのケース

RODはソルパラとバスロッドでいいだろう。

別にそれだけの為に行く訳ではないし。

私はあんまり細かくはない。糸はナイロン6号でいいだろ。という
感じだし。実際、林邊大金池でレンタル竿借りたけど、めちゃしょぼい
1000円くらいの竿にこれまたおもちゃみたいなリールだったが、
それでもまぁ、バラムンディは釣れたよ。

ガイドのおっちゃんがあれこれ言ってきたけれど、まぁ、親切なのか
細かいのかは知らないが、こうでなければいけないというのを人に
押し付けるみたいなのはなぁと。

私もブログでこれがいいやらは書いているけれど、まぁ、こうだから
こう思うよという忌憚なき意見で最終的には決めるのは相手だから
それを尊重でいいと思うのだ。

ま、それはいい。とりあえず何を投げても釣れるので、あえて細い
ラインを巻く必要はなく、太いラインでごり押しでよいという事だ。
細かい事はよいのだ。沢山釣って、後は適当に過ごせればよい。

それだけの為に行く訳ではないし。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする