11/2  寂地山、右谷山

いきなり復活のカテゴリです。釣りねぇ。釣れるからいいけど同じ釣り堀
ばかりで飽きるし、そろそろ寒いから山登り復活するべ。というてい。

で、8月に買った山口県の山という

本を見て、最高峰に登るっきゃない。という事で、調べると寂地山が
最高峰とある。で、見ると右谷山というのもある訳。まぁ、車で2時間
くらいだし行くかとサクッと行きました。

しかし、忘れてるね。

何を忘れてるかっていうと、手ぶくろとか、虫刺されの薬とか。
まぁ、11月だから蚊はおらず刺されなかったけど、低山は虫との戦いという
のを忘れてた。後、細かい装備を完全に忘れてた。ヘッドランプは持って行って
正解だった。

1.11:20 駐車場から。ここで割りばし忘れたの気が付いたのでアイス買って
割りばしもらった。山専ボトルは安定の活躍だった。バーナーは使わなかった。

ステッキは2本使った。やはりあるとないとで偉い違い。

2.キャンプ場の右から林道をテクテク。

3.結構、へばって山頂まで14時過ぎという事がわかった。2時間くらいだろうと
舐めまくっていたけれど、久しぶりにやるとあかんね。

4.なんの迷う事もなく、山頂へ。登りはここまで。結論から言うと後は楽勝だった。
距離があっただけ。

5.展望も何にもないので、登って何にも楽しいとかない。安定の山専ボトル。
こいつ2年間以上寝かしてたけど、やはりスゲェなぁと。台湾の社長のお嫁さんが
12月に子供産むからミルク用にプレゼントしようと思ったけど、マレーシア製
なんだよね。日本製じゃない。台湾でも山専ボトルはポピュラーなんだろうか??

知らない間にモンベルも似たようなのを出してるけれどやはり山専ボトルが圧勝
みたいね。山専ボトルは本当にいいよ。

6.14:30くらいに出発。右谷山へ案内では80分とあったけど、ほぼ登りはなく、平坦な
尾根と下りなので、余裕。

7.右谷山山頂へ。いつも思うんだけど、山の中に階段作ったり色々とあるけど、これ
どうやって運んだのだろう?とか思う事だらけ。日本の底力というか、こういうところ
まで無駄に整備されているのがやはりすごいなぁと思う訳。

で、山頂は何にもない。景色もなんもない。山専ボトルでカフェオレ飲んで出発。

8.ひたすら下りなので楽勝。迷う事は一切ない。調べると山口国体の時に整備されて
こうなったと。それまでは漁師とかしか入れない難しい山だったと。今は楽勝で
下手な低山より楽勝。鎖場も岩場もなく、ひたすらピクニックという感じ。

9.山道終わり、林道へ後は1時間くらい駐車場まで舗装路。もっと山道を想像してた
けど、まったくそんな事はなかった。展望がまったくと言ってなく、滝くらい。その
滝もなんだかなぁと。六甲と比較したらあかんね。

10.17:30過ぎ。ヘッドランプをつける。歩いていくとポツンと一軒家か?と思ったら
別にそうでもない。18:00前に駐車場について終了。4時間20分と本にはあったけど、
ルートが違うから6時間半でそんなもん。途中でダラダラしてたしな。

何しか、久しぶりに山行したからね。疲れた。連休だしまた行くよ。バイちゃ。