3/14 3年くらいアサナ練習してないでどうなったか。

こっち来てからというか3年くらいほぼやってなくて、体はヨガ
始める前と同じくらい固くなった。

で、どうか?

というと別になんとも思わん。

という、、、、おいおい。

ま、開脚前屈ができたり縦開脚が180度開く事も人生の中で
あったな。

というのがあったからそれでいいかと。

ダウンドッグ一つしてもかかと床につけるのしんどいからな。(笑)

少しやれば元に戻るというか今の状態が元なのかというと

わからん。

一つだけ言えるのは人生で結構真面目に自分が体硬いなというのを

克服に全力を尽くしたのはいい経験だったという事。それと心が

凄く柔らかくなったとは思う。

そういう意味では苦労というか底というか、色んな経験をして、

成長したというべきか。

関わる人は私がヨガやってたなんか知らないし、私も話した事

ないもんな。アサナすらやった事ない。別にそれでいいと思うし、

今の私ができたからどうとかもないし、できなかったからどうもない。

まぁ、よほど余裕ができたら、また暇つぶしにやるかなぁという

程度でいいと思う。

そんなもんですよ。ヨガやる意味って。

意味は特にない。

自分次第という事で、別にアサナの練習がどうのだとかではなくて、

そこに自分がどう向き合ってそれを自分や周りにどう人生という意味で

よりよくしていくか。周りの関わる人とうまくやっていくとかそういう

方がよっぽどヨガのアサナの練習より大切と思うね。結局は自分の心の

平穏であり、それが周りに広がっていけばいいというのが私の今の心境。

ようやく瞑想をする準備が整っているように思う。

瞑想は自分の中ではなくて外に広がる瞑想。

アサナをしない3年くらいでどう変わったかというとアサナというレベルでは

もう初めてする人以下かもしんないが、私個人のレベルとしてはやらない

事で得たものもある訳でそこに囚われてたら見えない物が見えているという

事。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする