4/24 電動猫車が欲しい話

生見川ダムに行こうと思います。今ならボート屋もスロープ占領
してないだろう。という事からランカー釣りに行こう。という事で。

で、スロープの場所は知ってるけれど、車道からスロープまで

傾斜のある山道なんですよね。これをボート担いで行くのは現実
的ではない。 という事で、マグナカートを改造したこいつ

に牽引ロープを付けて引っ張ろうという訳なんですが、
ボートをしっかり固定するのにバンドがいる気がします。

ボート屋は電動キャリーをスロープにおいてるので、それで
アルミやらを運搬しているようです。それは私は使えない
ので、こういう物が要る訳です。

しかし、この生見川ダムはスロープは二箇所あるようですが、
どっちも大概です。

こういう所こそフロートボートの出番+中華リチウムの出番
ですよね。

あんな傾斜のある坂道をACデルコなんか持って運搬なんか
人力では絶対に嫌ですから。

そういう意味で電動猫車がほしいんです。

猫車? という人が多いと思うんですが、

いわゆる 一輪の手押し車です。セメントとか土を運搬
するあれ。猫みたいな細い道を行けるからとかきしむ音が
猫の鳴き声みたいだからとかで、猫車というらしい。

ま、なんしかこいつを電動で動かしたら運搬楽だろう。
という事です。普通にマキタのとか買うと10万しますから。
E-cat kitというのをベンチャーが売ってるらしいけど、
値段わからない。

だからAli Expressで見ると、1万~2万みたいですね。
これにバッテリーとか買ったら、3万~くらいで行ける
感じ。

手押し車は可変式で軽に積み込める前提なので。

そこまでして電動したいのか?とやっぱしたいですよね。

でもそこまで生見川ダム行くのか?というと1時間かかるからね。

それにボート屋より早く行くには6時には現地着きたいから
5時には起きないといけない。

昨年行ったら、ボート屋の客がお友達の場所も駐車スペース
取ってたからね。

ボート屋はきちんと許可とってやってるから文句は言えないし、
地域活性化に役立っているからな。

もう一つのスロープも研究してみよう。


一応、上のでも使えた事は使えたが完全に斜面ではキツイ
ので、電動がやはり欲しい。という事になった。で、

帰ってきてから、ボート屋の運搬のやつ調べたら

電動運搬クローラーというらしい。10万~20万はするから
毎回生見川ダム行くなら買ってもいいけど、これに10万以上
出すのはどうも、、、という感じ。

アルミスの電動猫吉がどうやら一輪と三輪切り替えできて、
どうやらハンドル部分も折りたたんで軽自動車にも入る
っぽいからいいかなとこれが、数万なら欲しいから、
ヤフオクみてみるか。

電動台車がどうやら運搬車より安げ。そこまで毎日、農業
するわけじゃないからな。電動アシストでいいのよ。

これがAliExpressで安ければ買ってもいい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする