4/30 釣り大会に向けて準備2

動画も見てイメージが湧いてきたのでランガンボックスに入れていく
ルアーを厳選する事にしましょう。

左のランガンボックスはフロートボートのノーマルには
パイプの関係で入らないので、右の方を持っていっています。

というか、ダイソーの200円トートバッグが一番使い勝手が良かった。というか、

山口県ではこのFLAKE(コーモラン)のゲーリーにインスパイア
されたグラブの4インチと6インチの使用率は99%ですから。
他のルアーを持っていく必要がないですからね。

このFLAKEは中国地方、九州では売られていなくて、大阪とか北陸
に行った際にせっせと買いだめしたものです。

このブログの記事のブラックバスの90%はこのFLAKEのグラブで

釣れたものですから、釣り堀にしろ水源地にしろ中山川ダムにしろ、

ゲーリーのグラブのスプリットショットを投げていればまず間違いない。

と思いますね。私がゲーリーを持っていないのは

という事です。今回の遠征ではこのグラブは多分というか久しぶりに
使わないですね。

新しいルアーは高いから基本買いません。

温故知新

です。ですから、

私のブログを見て、釣り堀、水源地に来られる方は
孤高の釣り人KOJI の記事を信じてゲーリーのグラブを持ってくれば
OKです。他は要らないです。夏は沈み蟲かなぁと。

私の記事の画像が証明です。私勝手に思うけど、前フリもなく、

釣れた。記事だけアップするブログは釣りブログじゃない。

と勝手に思ってるんですね。前フリからキチンと記事にして

それで行って釣ってくるのが釣りブログと

勝手に思ってます。

このブログがヨガブログだった頃、ガチでやっててヨガマットの記事
で毎月1万から2万円の収入があったんですが、

ヨガをしなくなって、釣りでこれくらいの収入があったら嬉しいなぁ。

と思うけど、やっぱ役に立たない記事はプライドがあるんで、

いかがでしたか?

はやりたくないね。

まぁ、わかんないと思いますが、孤高は自分のガチですから。

で、その辺はおいといて、

今回の遠征ではお守りとしてウォーターメロン1パックとブラックを
持っていく事にします。

今回の大会ではシャロークランク、バイブレーション、スピナーベイトを
ひたすら引き倒し、運良くリアクションで大物を釣った人が優勝。

というパターンと見ました。土のうがどんなもんかわかりませんが。

奉納することもあるでしょうから、多めに持っていきます。

この時期のシャローの釣りですからシャッドもいるかな?

ラッキクラフトのベビーシャッド、TDシャッド、ラパラのシャッドラップ

がまず間違いない。

のですが、そんなものは私は買えないので

中国のAliexpressで買った、120-50円のシャッドでいいかな。

画像上のディープクランクは今回は留守番ですね。

孤高、沢山ルアー持ってるじゃん。と思うでしょうが、Aliexpressで

200円もせずに買えますから(笑)

でも書いたように上のFLAKEグラブしか使わないので、

久しぶりに違うルアーを使うと思います。やっと日の目をみますね。(笑)

後は

スピナーベイトかな。

まぁ、今回の釣り大会はヘビキャロ遠投、ネチネチより、

淀川と同じく、一発勝負で釣れたら優勝と思うから、

こんなルアーセレクトでいいと思います。

ラバージグ、スモラバは今回は要らないでしょうね。ま、空きが
あるので一応入れていきますが。

一番上はこんな感じでかなり特化というか尖ったチョイスですが、

これでいいと思いますね。

こういう感じで遠征される方はルアーセレクトをしたらいいと

思いますね。

このランガンボックスはとてもよくできていて、上にプラグを

いれて、この下にワームとかシンカーとかフックを入れると

思うのですが、ここは厳選はしなくていいいかな。今回は

一発勝負。 

と見ているので。

そうそうフックケースですが、

この黒いのがオススメです。

多分、みんなこんな感じでよく使うフックを
入れてると思います。

そうそうこのプライヤーがとてもよくできていて
針外し、ラインカット、とかとても便利です。

アマゾンで2000円もしないので買ってみて下さい。

まず使わないかなと思いますが、

スライダーワーム、スワンプクローラー、ギャンブラースタッド、

とかヤバクネとサターンワームは持っていくこととしましょう。

私の釣りではグラブが釣果のほぼ9割をですがまぁ、釣り堀と
水源地が特殊なだけで、他の釣り場に行く時は私ももちろん
他のを持っていきます。

ポパイのクリンクルカッツもあるんですが、これは琵琶湖で釣りを
するときの為に温存しおきます。

こんな感じですかね。

このマイクロハンドも持っていきます。まだ釣ったことはないですが、
このマイクロハンドがかなりやばくて沈み蟲もそうなんですが、
バスがそこにいる。という時はかなりヤバいと思いますね。

ブルブル震える足をみたら

ヤベーーーーーーーーって思うから。

準備の記事を書いてて、

孤高はかなりバス釣りを長くやってんな。

と思ってくれたら嬉しいですね。

私も記事書いてて、簡単に釣ってるようで、本当に簡単に
釣ってるんだけど、釣り堀にしろ水源地にしろ中山川ダムの
記事にしろ一の坂ダムにしろ

前日から行くぞと前フリしてて、いざ、前フリしてて、釣れねぇと
恥かくな。という

凄いプレッシャーを勝手に感じて釣っています。

ここまで書いて、自分でも5月2日にもしかして釣れんじゃね?

かなり淡い期待をしています。なんか高校生の頃の受験を
思い出してますね。

書いてて、かなりハードルを上げました。

これくらい自分でハードルをあげて、釣れなかった。

というのが敗北と思うから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする