8/16 新神戸~市が原~黒岩尾根~摩耶山

頑張って新神戸まで来て布引の滝を経て休憩。小雨降ってきたので東屋で休憩。

このコースのいいところは駅からすぐいい感じで歩ける事ですね。住宅街の
坂道を何分も登るのは精神的にしんどいものがあります。

芦屋川も王子公園も他は20-30分は住宅街の坂道を登って登山口にかかり、
とかで行くまでで結構しんどい感じです。あっ、中山観音駅もまぁまぁ近い
です。が、この新神戸駅から布引の滝やらを通りつつ、市ヶ原というのは
そんなに疲れないですね。滅茶苦茶キツイ登りもないし。

で、チャチャパックはいい感じですね。10年は共に行こうと勝手に
思っています。テルス30と何ら変わらない使い勝手と、荷物をあんまり
重く感じない(これがいいザックです。)。

で、トゥエンテイクロスから楽に登ろうと思っていましたが、崩落で
行けないようです。フェンスがある。迂回路?

メッチャ迂回というかどこまで迂回させるねん。という感じなので、
諦めます。

で、すぐ傍の黒岩尾根から摩耶山目指していますが、

この道、地味にキツいです。もう最初からして急な階段で萎えます。

(けれど、分岐もなんもなく、迷う事もない。という事だけは
利点かな。しんどい。ただただ、しんどい。それだけの道です。特に
真夏はしんどい。)

で、進むと、、、尾根だから登れば平坦だろと。そんな事なさそうです。

摩耶山まで一番長い距離っぽいし。GPSみてもほとんど進んでない。
休憩結構いれてるけど。まぁ、休みつつ行くしかない。

真夏の低山は体力消費がハンパなく、これが秋とかなら全然休憩なく
行けたりします。

ですので真夏は楽な道で行くのがよいですね。

私はソロ専門ですが、これがもし人と来てたら険悪な空気になる
のは間違いありませんね。特に山登りをほぼしない。という人を
連れてきた場合はその人とは疎遠になるだろう。

一人でも登るぜ。という人とならまぁ、喧嘩にはならない
だろうけど。

私は夏は休憩しまくりなので、ペースの早い人とは登りたく
ありません。

まぁ、それはさておき、

なんだここ。

登って少し楽になる。とかなく、また直ぐに登り。
後で楽になるパターンなんでしょうけど

多少は楽になる。と思いきや階段があり、萎えます。

何が一番萎えるか?

ですが、摩耶山が南の方に見えてて、天狗道とかならその
摩耶山に登っているんですけど、この黒岩尾根、別の山に
いちいち登って、そんで摩耶山目指すんか?みたいなノリな
んですよね。

あぁ、向こうに見えるのが摩耶山かって。距離がわかるから
萎える。

お茶タイム入れよう。

私はこの階段が嫌いなんですよね(多分、皆嫌いだと
思うけど。)なければ山登っているという気がしてそんなに
疲れない気がしますが、この階段があるだけで踏み台昇降
みたいなエクササイズとなり、疲れが増える気がします。

ようやく一休止みたいな尾根道になりました。

ベンチもある。

GPSでちょうど中間っぽいですが、後は最後に登りが
ある。みたいな感じでしょう。摩耶山方面みるとそん
な感じです。

※このベンチからはそんなにしんどくありません。

この黒岩尾根コースはもう来たくないですね。

虫と急登りの二重苦です。

摩耶山の登りはとにかく虫が多い。

目纏が最悪です。

せっかく登ったら下ってまた登るを繰り返すパターン
のようです。

これ嫌なんですよね。登ったらそれだけ頂上まで行くのがいいです。

私の人生は下って谷ばかり。で登りがないような気がしますから、
こうやってたまに登り下りを経験するのはいいかもしれません。

一番遠回りですからね。上野道は頂上まで直進です。一番虫が多く
登ってて嫌な道です。

摩耶山にば青谷道から行者道に行き、天狗道に合流してが一番いい
と思いますね。

夏以外ね。虫対策は必須と思いますが、虫よけスプレーはほぼ
役にたたない。汗ですぐに流れる。

ブログ書いてる暇あれば歩けよ!

というお叱りがありそうですね。

急いで登るとかより道草したり立ち止まったりしないと見えない
景色が人生にはある。

という言い訳で。このダラダラ感がE-んじゃないか。

さぁ、黙々と行きましょう。少し休みすぎです。

終わりがほぼ見えました。しかし、誰一人後ろから来ない
し、上からも来ませんでした。六甲でこんなのはまずない。

わざわざ遠回りして、無駄にアップダウンがあり、虫だらけ
という夏は最悪のコースだと思うので誰もチョイスせんの
でしょう。

トゥエンティークロスから楽な道で登る気でしたが、
崩落で否応なく登った。こんなしんどいなら引き返し
て天狗道で登れば良かったです。

掬星台。

このCAFE LATORYというのは地味に美味しいです。
今まではケチってトップバリュのカフェオレでしたが、
これを飲んで認識が変わりました。

せっかくの休憩で少し金出せばこんだけ味が違う
ならCAFELATORYでいいです。

そう思います。はい。

濃厚抹茶オレ。

1本約60kcalと甘く、家では飲みませんが、山登りの
休憩にはカロリー補給がてら、最適だと思います。

他の味も色々買って休憩の度に違う味が良さげです。

ツーリングにも連れて行こう。

山専用ボトルは相変わらず大活躍です。

別に山でなくても熱湯を持ち運びたい用途には
活躍すると思いますね。朝熱湯入れたら夕方帰る
まで普通に熱湯です。カップラーメン昼に食べるのは
余裕です。

で、

休憩長くしたら帰るの面倒なる。

ケーブルで降りたら高いので頑張って普通に降りよう。
上野道はこの前下ったんで青谷道で下ろう。

灘丸山公園の方に降りてもいいけど、そっから駅まで遠いし、下りは
景色眺める訳でもないから早く降りて帰れるのがいい。

で、青谷道から降りました。何とか王子公園駅着きましたが、青谷道

虫最強に多いから休憩すらムリ。(黒岩尾根より多い。)

という。終始虫がつきまとい、延々とついてくる。住宅街に降りても
少しはついてくる。

という感じで最悪。

摩耶山は夏に来るとこじゃないね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする