10/26 中山連山(阪急 中山観音駅~山本駅)

このコースのまとめ(あくまで私目線)

 有名なハイキングコースなので、一度は行けばよい。行きも帰りも電車
の駅から近いので手軽に登って降りられるという利点が最大の魅力だろう。

阪急梅田駅から電車賃280円(2014年10月現在)、往復560円。六甲に飽きた
らこちらも。

道はよく整備されており、山歩きと思えばいい。多少危険かなと思われる
個所も最後の岩場のみ。悪く言えば、そこが唯一楽しめる場所とも言える。
迂回ルートもあるみたい(気づかなかったが)なので、岩場で足がすくむ
人はそちらを調べておいてね。
——————————————————————-
電車代がバカにならないので、近場で済ませる事に。滋賀とかだと往復で
3000円とかかかるのがザラなんで、トレーニングも兼ねて、回数を重ねた
方がよい。という考え。基本的に何メートルの山に登ったというより、回数
を重ねて、体力がアップした方が楽しい。

ただ、流石に六甲はなぁという感じだし、生駒山とかは微妙に電車代が高い
という事で、関西日帰りコースで有名な、中山連山に行ってきました。岩場
があると本に書いてあったので、楽しめるのはそこだけだろうと。

電車代往復 560円で済むのはありがたや。(基本1000円以内が〇)

メンバー : 私(いつもの事。増える日は来るのだろうか??)

IMG_0001
IMG_0002
IMG_0003
IMG_0004

1.AM11:58 中山観音駅着。改札出たら、北側へ、何も考えずに寺へ向かって下さい。
  七五三でお参りに行く人々が多い中、明らかに違う服装は浮きます。
  お寺まではすぐです。で、中に入ります。

IMG_0005
IMG_0006
IMG_0008

2.一応、来るのは初めてなんで、寺の中もうろつきます。うろついて飽きたんで、
  入ったところから、左上ら辺にある、奥の院へ続く道へ。迷う事はないと思い
  ます。

IMG_0009
IMG_0010
IMG_0011
IMG_0012
IMG_0013

3.少し下って、橋を過ぎたら、さぁ、行こう!ラスカル~。

IMG_0014
IMG_0016
IMG_0017
IMG_0018

4.PM 12:30 夫婦岩到着。寺で道草しなかったら、駅からここまで
  20-25分程度という感じですかね。石段はいつも思うのですが、大嫌い
  です。

IMG_0019
IMG_0020
IMG_0021

5.ベンチがあるので、最初の水飲み休憩。で、暑いので、アンダーアーマーの上に
  着ていたシャツを脱ぎました。さぁ、休憩もそこそこに、ガンガン登るモードに。
  山頂への分岐路は素直に奥の院へ行く方へ。

IMG_0023
IMG_0024
IMG_0025

6.PM 12:53 奥の院到着。入り口に山頂に行く小道があります。

IMG_0026
IMG_0027

7.一応来たので、写真をば。しかし、このハイキングルート年配の方ばっか
  です。ここはトイレがあるので、トイレ休憩可です。

IMG_0028
IMG_0029
IMG_0030

8.入り口まで引き返して、山頂へ、道は参道ではないので、ようやく山登り
  という感じになってきましたよ。

IMG_0034
IMG_0035
IMG_0038
IMG_0041
IMG_0042

9.途中で訳のわからない石積みとかに出会い、何だか左手に柵が見えたので登ったら
  何もない。展望すらない。出会った、おばちゃんに聞いたら、休憩場所との事。
  しかし、ここまで、展望もなんもないので、ひたすら山道を登るだけ。紀泉アルプス
  を思い出させます。

IMG_0045
IMG_0046
IMG_0047

10.10年くらい前に山火事があったとの事。ガン禁止って事は、それなりに若い人も
  登ってるという事ですね。ガン〇〇 というのはガン見(ガンガン見る)、ガン無視
 (自分から進んでガンガン無視する。)という感じです。ガンの意味は年配の方は知ら
  んでしょうし。

  で、PM13:30 山頂に。案内なかったら見落とすようなとこです。

IMG_0048
IMG_0049
IMG_0050
IMG_0051

11. 山頂では沢山の人がシートを引いて、お弁当を食べてたりしてました。
   シートはあったのですが、人が多いので、退散。

IMG_0052

12. PM13:33 帰ります。山頂滞在時間 3分という。山登りが好きな人には
   色んなタイプがいると思いますが、私は登る事に喜びを見つけるというか、
   疲れる事というか、鍛えるのが好きなんですね。基本的に。
   山頂でのんびりしたいとか、山の景色を楽しみたいという人とは多分とい
   うか、一緒には登らないでしょうね。

IMG_0053
IMG_0054
IMG_0055

13.当面フェンスに沿ってアップダウンというか、平坦な道というか、展望
  がないので、つまらない。の一言。で、鉄塔に。鉄塔は展望が開けている
  というのが私の中の通説です。

IMG_0056
IMG_0058
IMG_0059

14.この鉄塔の後から山道というより、砂と岩が多くなってきます。山と言っても色々とあり、
  私はこの砂と岩の道が結構好きだったりします。

IMG_0064
IMG_0067

15.この辺から展望も開けている個所が多く、それなりに楽しんで進めます。
  左手下にゴルフ場がありますね。

IMG_0068
IMG_0070
IMG_0071

16.登ったり、下ったりで、?な建築物など見つけ、何時の間にかゴルフ場
  の横まで下りています。

IMG_0072
IMG_0077
IMG_0078

17. こっからは登り中心です。で、鉄塔到着。この鉄塔は色が赤白です。
   調べたら航空法で、60メートル以上の鉄塔は色を塗らないといけない
   との事。

IMG_0079
IMG_0080
IMG_0083

18. 鉄塔=展望 で、ここから進んで、PM14:44 最後と思われる鉄塔へ到着。

IMG_0084
IMG_0089
IMG_0085
IMG_0086
IMG_0087
IMG_0088

19. ここの鉄塔からの眺めが一番よかったです。

IMG_0094
IMG_0095
IMG_0096

20. ここからがこのコースで最も楽しいところです。100メートル以上の急斜面を下ります。
   初心者向けのハイキングコースとありますが、ここだけは違います。六甲山のロック
   ガーデンよりキツイと思う。小石が岩と混じっているので、滑る危険性もある。

   登るのは楽だが、下る時の方が慎重に。ここで、ストックは収納。トレッキンググロ
   ーブを装着。いつも思うのだが、ストックの収納は面倒。

IMG_0097
IMG_0098
IMG_0099
IMG_0100
IMG_0101

21.ロープを使ってもいいんでしょうが、私は使わずに足を確実における岩を下りました。

IMG_0102

22.こんな感じで、足を確実に一歩ずつかけて降りて、平坦な場所に降りたら、次は
  どういう風に降りるかとか考えながらおります。

IMG_0103

23. 降りきりました。ここ、ハイキングなどしない人を連れて来たら、次来ないで
   しょうね。初心者向けコースとありますが、この岩場は別だと思います。私は
   わ~~~い♪ 楽しい♪ という向きです。

IMG_0105

24.PM15:17 また来てね。とありますが、来ないと思います。楽しかったのはこの岩場だけ
  だったので、この岩場の先に違うルートがあるなら来ますけど、中山のダラダラ
  した道はなぁと。時間が早いので、ここからはダラダラと行くことに。早く帰り過ぎても
  つまんないしね。

IMG_0107

25. 多分、本日で一番の危険個所。この橋大丈夫かいな? 渡れました。

IMG_0108
IMG_0109
IMG_0110

26.ダム?コンクリートではないのがGOOD。

IMG_0118

27. PM15:37 橋を渡らず、直進して、滝へ。

IMG_0111
IMG_0112
IMG_0113
IMG_0114

28. マイナスイオンをたっぷりと浴びます。地元の人いわく、ホタルもいるとの事。
   まぁ、夏の夜にその為だけには来ませんけどね。

IMG_0115
IMG_0116
IMG_0117

29. 岩があったり、魚がいたり(見えにくいけど) で、橋まで戻った。

IMG_0120

30.ここの分岐は右上の方です、後はまっすぐ直進します。

IMG_0121
IMG_0123
IMG_0125

31. 駅についたらお約束のビール。コンビニが駅前にないですが、改札前に
   ASNAS(As soon as possibleね。)がある。PM15:55 駅ホーム。