11/24 リトル比良 (近江高島

コースまとめ

とにかく長いので、早めに登ってさっさと下山する方がよい。
危険なところは最後だけ、山登りの本とかにも紹介されているルート
(後で知った)だが、完全に一本道かと言えばそうではなく、途中で
道迷いしそうなところはある。テープなどの目印を頼りに進む。テープ
とかの目印を見れば、正しいルートはわかるが、テープの見かたが分から
ないと迷う危険性はある。テープは終始貼られているので、そこは心配
する必要なし。

峠からの湿地帯は道が一部ないので、不安になるが、テープを頼りに
進む事。後、最後の滝のところは2014年11月24日現在でいうと、道が崩
れているので、行かない方がいいと思う。というか、行って、滝見たら
引き戻す方がいいと思う。先に進んで梯子や急斜面下って、沢渡っても
通行禁止のロープが張られているから。
梯子を上って引き返すのもしんどいというか、急斜面登るの無理なので、
無視したけどね。道が無くなってる。

コースの総括としては、アップダウンが多く、しんどい。最後の滝周辺を
除けば、普通の山道で危険なところもない。

ただ、最後の滝周辺に限っては、普通に落ちたら死ぬような傾斜と
いうか、梯子も何回か山を登った人でないとどう取り組んだらいいかわか
らないかも。

なんで、一人では行かない方がいい。(お前が言うな!!
とはいえ、たっぷり歩いたので満足ですよ。ちなみに標識の北小松駅まで
1時間半は嘘です。これは歩いた人の共通認識だと思いますね。うん。

—————————————————————————————–

IMG_0001

1.近江高島駅からスタート。駅前にローソンがあるので、そこで食糧
やら水分などを買う事。

IMG_0003

2.ローソンで補給をしたら、山側へいきます。突き当りは右ですよ。

IMG_0004
IMG_0009

3.途中で左に行きたくなると思いますが、県道というか、車が通ると思う道
をひたすら直進してください。で、長谷寺への標識がありますから、左に行きます。

IMG_0010
IMG_0010

4.登山道がありますから、ここからスタートです。獣害を防ぐ為の柵というか、
まぁわかると思うので、それを開けて行きます。ちなみにお寺には興味はない
ので、スルーです。

IMG_0013

IMG_0014

5.白い坂?有名なんで却下します。

IMG_0015

IMG_0017

IMG_0022

6.ひたすら登ります。キツイ!キツイ!という感じですよ。

IMG_0024

IMG_0025

IMG_0026

IMG_0028

IMG_0029

IMG_0027

7.オーム岩でカップラーメンを食べて、コーヒータイム。
やはり性能に偽りはなく、カップラーメンが余裕で作れる。
最高!最高!と山専用ボトルを絶賛します。
山専用ボトルは伊達じゃない!2014年買ってよかったリスト
入り決定。というか、少し高いけど、性能がダンチ。

ちなみに、オーム岩以外はあんまり展望はない。オーム岩
から落ちたら普通に死にますので、あんまり端に行かない事。

IMG_0030

IMG_0033

8. 改行とかビジュアルモード使いにくいなと思うけど、書いてます。
この1行空くのなんとかならんの!と思う。いや、山とは関係ない
ですね。慣れたら、なんも思わなくなるのかな。どうでもいいか。
で、登ったり下ったり。岩を巻いたり。道がはっきりしないところ
がありますので、テープを頼りに進みます。途中で、めっちゃ下る
とこありますが、心配無用。そのまま下ります。

IMG_0036

IMG_0037

9.途中で道路が出てきますので、左に行き、山道に戻ります。
ちなみに迷う事はありません。右は明らかに間違いですから。

IMG_0038

IMG_0040

IMG_0045

IMG_0048

10. 道路を渡ったら、当面は登りです。このリトル比良、全般に
わたり、似たような道ばっかです。ちなみに北小松駅まで、
1時間半は嘘です。2時間は普通にかかります。逆に近江高島
まで5時間も嘘。どっちもどっちですな。画像にあるように
テープに沿って歩けば間違いないです。

IMG_0049

IMG_0050

11.涼峠がどこかはわかりませんでしたが、おそらくそこらへん
から湿地帯とかあります。

IMG_0051

IMG_0052

12.狭い道とか、落ちたら死ぬよなぁというところが出てきます。
この辺は変化ありますので、楽しいです。前半が前半なんで。

IMG_0053

IMG_0054

13.滝の方に行きます。ストックはここでしまう方がよい。
で、2014年11月24日現在、この道を進んでも通行止め
になるので、おススメしません。というか、道が崩れて
いて、危ないし、足滑らしたら死ぬなという感じの斜面
です。

IMG_0055

IMG_0056

14.写真ではわかりにくいけど、メッチャ急斜面です。
慎重に下るべし。自信ない人は引き戻す事。

IMG_0057

IMG_0058

15.はしごです。下る姿勢に入るのにかなり慎重にいかないと
いけません。後で本を読んではしごを下るとかありました
けど、現地だとかなり慎重にいかないと危ないよ!という
感じです。

IMG_0061

IMG_0062

16.はしごの後も急斜面。慎重に下って、滝を見ます。
滝の後は向こう岸に。通行止めのロープがあります
けどガン無視します。はしご登ったりして、元の
ルートに戻る方がよほど危険ですから。

IMG_0063

17.通行止め終わり。まぁ、この先にも通行止めのロープあります
けどね。何で通行止めかは強行突破したからわかる。道がない。
私が、滝みたら、引き返した方がよい。とするのは
急斜面で足滑らしたら普通に死ねるのと、道がないから。
ちなみに道がないとこは慎重に行けば大して危険ではない。

IMG_0064

IMG_0065

18. 北小松方面から。通行止め。妥当ですね。下った
私もこちらから登ろうとは思いませんから。

IMG_0066

IMG_0067

19.なんかしょっちゅう通行止めのところを歩いてるよう
気がしますが、今回はマヤカン、愛宕山と違って、確信
犯ではないです。普通に山歩きの本のルートに従った
ら道が崩れてて、通行禁止でした。というか、急斜面を
戻り、はしごを登る方が危険ですし。道はないけど、慎重
にいけば進めましたと書いときます。ま、行かない方が
いいけど。

IMG_0068

IMG_0069

IMG_0070

20.北小松駅です。19.からは道なりに進みます。迷う事は
まずないでしょう。北小松駅はバス釣りで漁港に来る以外
で来たのは初めてです。釣りと山とでどちらが楽しいか?
今は山ですね。楽しかった!!

IMG_0071

21.新快速だったんで、大阪まで麦ジュースはおあずけ。
で、大阪についてご褒美の麦ジュース。美味しかったです。
今回は、前日みたいに途中離脱もせず、ミッションコ
ンプリートです。真面目にやればこんなもんさ!という
登山でした。