「自分の価値観」だけで世間を測るな

 君の手紙を受け取った。君がローマカトリック教会についての馬鹿げたつくり話を
聞き、またそれを盲信している信徒たちを見て、驚いた気持ちはよくわかる。

 けれど、どんなにまちがった考えでも、本人たちが心からそう信じている限りは、
けっして笑ったり咎めたりしてはいけない。

 分別が曇って目が見えなくなっている人は、気の毒な人たちなのだ。笑われる
ようなことや咎められるようなことをして、そうなったわけじゃない。だから優しい
気持ちで接し、できれば、話し合いながら正しい方向に導いてやろう、とういう心づ
もりでいるくらいがいい。けっして、あざ笑ったり咎めたりしてはいけない。

 人間は、それぞれ自分の考えに従って行動するものだ。(またそうであってほし
い)それを自分と全く同じ考えでなければいけないなどと思うのは、自分と体型も
大きさも同じでなくてはいけないと言うのと同じくらい、傲慢なことだ。人間はそ
れぞれ、自分が正しいと思って生きている。ところが、ほんとうに誰が正しいかを
知っているのは神一人なのだ。

 だから、自分の考えとちがうからといって、異教徒扱いして迫害するのはおかし
い。人間は自分が考えるようにしか考えられないし、信じるようにしか信じられな
い生きものなのだ。咎められるべきは、わざと嘘をついた人、つくり話をでっち上
げた人だ。それを信じた人ではない。