11/30 六甲山 (打越山~横池~荒地山)

このコースのまとめ

今回は地図があったので、迷う事はなかったです。
午後からなんで、できるだけ早く済ませるルートと
いう事で、地図には打越山~十文字山~御影駅とい
うルートがありましたが、こちらは流石にルートが
短すぎるので、荒地山へ行く事に。岩梯子を下るの
は危険とありましたので、本当なのか確かめに行き
ました。

確かに少し下ると、あぁ、これ無理。落ちたら死ぬ。
危険と判断し、迂回の芦屋ゲートから帰りました。地
図に書いてる事は本当だったという事です。後でネッ
トで知りましたが、登る時も迂回路があるとの事。見
つからんかったけど、、、、

今回はとてもまともなレビューというか文章ですね。

参加メンバー : 私

——————————————————
IMG_0001

1.阪急岡本駅からスタート。芦屋川と違って特急が止まるし、山まで近い。

IMG_0002
IMG_0003
IMG_0004

2.踏切渡ったら基本的にまっすぐ歩けばよい。

IMG_0005

3.ここからスタート

IMG_0006
IMG_0007

4.最初の分岐。左に少し行ってみましょう。

IMG_0008

5.いきなり藪にぶち当たり、断念。人が通らない道はキツいです。

IMG_0009
IMG_0010
IMG_0011

6.後は標識通りに進めばよいです。今回は地図もあるので、しっかり確認
  しながら登りました。

IMG_0012

7.とにかくなだらかです。

IMG_0014
IMG_0016
IMG_0018

8.打越山頂上につきました。

IMG_0019
IMG_0020

9.ラーメンタイム。山専用ボトル大活躍。コーヒーも。熱湯
 のまま。やはり山専用ボトルは買ってよかった。

IMG_0021
IMG_0022
IMG_0023

10.では横池の方へ向かいます。横池ら辺は道が分かりにくいので、
  テープとかを見て進む事。

IMG_0024
IMG_0025

11.途中で展望が開けたところがありました。この岩のとこわかりにくいけど、
  そのまま岩を巻いて下れます。

IMG_0026

12.ここがそうです。下ります。

IMG_0027
IMG_0028

13.下ると横池のそばに出ますので、道なりに進むとおなじみの
  ハイキングコースに出ます。

IMG_0030

14.まぁ、何回か六甲行かないとこちらの荒地山へはいかないでしょうね。
  大多数の人は雨ヶ峠の方に行きますから。今日はスタートが遅かった
  ので、ハイキング客にはあまり会いませんでした。

IMG_0031
IMG_0032
IMG_0033
IMG_0034

15.荒地山の山頂につきました。ここでコーヒータイム。六甲の道は
  どこも似たような感じです。

IMG_0035

16.岩梯子の方へいきます。地図には下りは危険とあるので、本当なの?
  という事です。

IMG_0036
IMG_0037
IMG_0038

17.わかりにくいですが、こういうスカーフとかがある方から下れます。

IMG_0040
IMG_0041
IMG_0043

18.地図に下りは危険とありましたが、本当に危険です。

IMG_0044

19.ここで断念。別ルートで下れるのかも知れませんが、この岩、足を引っ掛ける
  ところもないし、背丈以上の岩です。落ちたら確実に死ねるか、骨折確定。
  岩梯子は登りで今度来るとして、引き返して、芦屋ゲートから迂回する事に。

IMG_0035

20.ここまで引き戻して、芦屋ゲートの方に。地図見ると、芦屋ゲートから
  芦屋川まで道路がある。距離はあるけど、岩場で落ちて怪我したり、死ぬ
  よりは全然いい。

IMG_0046
IMG_0047
IMG_0048

21.あまり人が歩かないのか、落ち葉が多い。まぁ、駅からわざわざ、
  ここまで来て、スタートする人いないでしょうしね。

IMG_0049
IMG_0050

22.歩きます。途中でバス停があり、人が並んでる。バスがすぐ来る
  ようだったのと、雨が降り始めたので、バスに乗ります。ちなみ
  にバスで駅まで2駅ですが、かなり距離があるので、乗れるなら
  乗った方がいいと思います。幸い、雨具は使わずに済んだのでよし。
  とします。