5/14 親知らず抜歯 当日

今日はいよいよ、悲願になってる親知らずを抜く日。

水平埋伏知歯(いわゆる、親知らずが、真横に生えてて、歯肉に埋まっており、
露出していない状態。歯肉を切って、骨を削って、歯を分割して、根を分割し
て取り出すというやつ。)とさよならする日だ。

ゼリーは沢山買い込んだのと多少、ぽっちゃりに調整しといたので、抜糸まで
にはいい感じに戻るだろう。酸素カプセルの準備もOKだ。担当医は、見た目か
らしても若い研修医ではないので、まぁ、安心だと見ている。1時間かかると言
われてるが、あっさりと終わる事をちょっと期待してる。根っこが曲がってるのと
レントゲンでも癒着してるのが私にもわかるから、まぁ、その期待が裏切られる
可能性の方が高いけど。

大阪大学歯学部付属病院は微妙な位置にある。タクシーに乗るほどでもないけど、
歩くのも面倒っていう位置にある。北千里駅から坂を上って、池のほとりを歩い
て、ぶらぶらすると着く。今日は午後は仕事止め。手術終わったら、整骨院に直行
して、酸素カプセル2時間入る予定。これで腫れも軽減されると思う。昨年、自転車
でこけて、サングラスが目と目の間にめり込み、鼻骨にヒビが入った時も1か月ほど
で回復したし。今日、明日は何もできないから、朝はローラーやっとく。

さ、行くか。
————————————————————————————–
終わって今は、酸素カプセル。時間はかかったが、根も残らず綺麗に抜けた。整骨院
で、酸素カプセル3時間半入った。2時間でいいところを院長先生の好意で1時間半延長。
傷を治す時に酸素が大量に必要になるから、手術をした日に酸素カプセルに入る事で
腫れが大分と引く。帰りの電車から降りた時にぷっくり腫れたほっぺたが、3時間半
経てば、あら不思議。腫れ引いてる。でも、まぁ、これは一時的だろうが。

スゴイね酸素カプセル。
はい、ここから時間を抜歯まで戻します。
—————————————————————————————
昼間はしっかり食べて、口腔外科へ、予約の時間より早い
けど、いいや。で、予約の時間より20分前に呼ばれて、説明
開始。

もう解りきってる。切って、削って、分割して抜く。
で、道具揃って、麻酔開始。ここで、開口器というマウスピース
みたいなので、口を無理に開かされる事になる、、、、
私の口は小さく、ほっぺたも固いので、器具が入れにくいから
との事。入れてそれを噛んでおいた方が楽だろうとの配慮。
で、麻酔。全然痛くもない。ちくっともしない。で、多分、
切開開始、麻酔効いてるから、痛くないっていうか、撫でてる
ようにしか感じない。
で、歯の頭を取る作業開始。ドリルで頭を取って、根を分割
するらしいが、この頭を取るのがなかなか終わらない。口が
小さいから機械が上の歯に当たるから、作業しにくいとの事。
で、開口器を取る。あったら逆に私が震えるから、よけいや
りにくいようだ。先生のサポートの為に口をできる限り開く。
ない方がこちらとしてはありがたい。

とにかく、この口の中で歯を分割するのは、脳に響くし、
微妙に痛い時もある。とにかく我慢。時々、口を閉めて、休憩
をはさむ。痛いというより口を開きっぱなしだから、顎が疲れる、、、
で、30分くらいで、頭が取れた。と声が聞こえる。まぁ、この
時点で10分ちょいで終わるだろうという希望はやぶれてる事が
分かる。

長かった。ここまでは時間がかかるのと、歯を削る
のが気持ち悪いし、多少感覚がある程度。ゴールが見えてきたと
いうポジティブな言葉を言う先生だから、もう少しだとこちらも
頑張る気になる。
で、根の分割開始、、、、痛いよ、、、、この辺で目隠しの
布の下で、完全に涙目、、、、麻酔効いてるのか??
で、また分割開始。
やはり大阪大学歯学部付属病院。先生も丁寧だし、ネガティブな
発言がない。まだ、我慢できる痛みだが、やはり痛く、涙ボロボロ。
休憩するより一気に行った方が負担がないからラストスパート。
で、根を取る時、激痛!!! 凄く痛い。麻酔なんて効いて
ないというクラスの痛み。すかさず我慢せずに申告。痛い時は、
さっさと手をあげて痛いと言った方がいい。というより、これは
我慢できない。。。。。

神経に近いから痛いようだ。神経にも麻酔を打たれる。先生が
歯を押したり引いたりして痛くないか?と確認くる。うん、押し
ても引いても痛くなくなった。
痛かったら、さっさと麻酔を追加してもらう方がいい。
で、その後はパキッとか、脳に響く嫌な音が時々聞こえる。
時々、パキッという音が脳に響く、これは抜けた時の音だ。
後、根っこは2つです。終わりが見えてきました。との事。
で、最後の根っこ2つでまた激痛。麻酔を追加。1時間はかか
ってないと思うけど、1時間近いところで、全て抜けた!
さすがだ!としか言いようがない。私の場合、顎の骨が硬いのと
根っこが骨と癒着してたり、多少、曲がってたりして難航してた
ようだけど、途中で瞬間的に感じた激痛以外は特に不安なく完了。
縫合して、下でレントゲンを撮って、根っこを残す事なく、
綺麗に取れた事を確認。

麻酔が効いていたのと、痛かったら麻酔を追加してくれたので、
瞬間的な痛みと削る時の不愉快さ。後、口を開ける時の疲れ以外は
どって事なかった。先生にお礼を言い、1週間後の抜糸の予約を取
る。右下の不発弾(残存歯根)の除去のスケジュールも決めると
の事。こちらは3回目の正直で取らないとね。
さて、怖いのは、麻酔が切れた後だ。切って、砕いて、引っこ抜いたり
押したりしてるので、間違いなく腫れるからな。帰り道の電車でロキ
ソニンを2錠さっさと飲んでおく。痛みどめは効くまでに時間がかかる
ので、麻酔が効いてる間~切れるかなくらいで飲むのが1発目。
電車にのり、帰宅の駅に着いた時にほっぺたが明らかに腫れてる
のを確認。後、微熱もある。痛みはロキソニン2錠を飲んでおいて
いるので、さほどでもない。
今回は念入りに対策を考えておいた。腫れ対策に酸素カプセル。
整骨院へ。院長先生に2時間と伝え、カプセルへ。ご厚意で1時間半
プラス。やたらに暑くて汗かいたからこっちの方がしんどかっ
たかな。

3時間半経って鏡みたら、ほっぺた全然腫れてないじゃん。微熱も
消えた! 一時的な効果であったとしても。凄すぎ。
酸素カプセル出た時に、ロキソニン効果が落ちてきているのが
わかったので、ロキソニン1錠追加。帰りの薬局でゼリーを飲む。
これ、絶対に吸い込んではいけないな。上を向いて、喉にゼリーを
握って絞り出し、口を使わず、喉で吸い込む。という感じで飲む。
痛ぇ、、、、、この飲み方はダメだな。動かしてないようで、口を
動かしているようだ。鈍い痛みが走る。
水をペットボトルで飲むのは問題ないから、ゼリーもそういう風に
飲まないといけないなと実感。
家についた。さすがにゼリー一つだとカロリーが足りないので、
もう1個追加。
さっきの轍は踏まない。コップにゼリーを絞り出し、水を注いで、
混ぜてから水を飲む要領で飲み込む。うん、痛くない。
これだな。
今回、親知らずをもらってきました。分割されてるからバラバラ。
グロテスクな画像だけど、歯肉もあんまりついてない。まぁ、こんな根
っこだから時間かかるよな。

oyashirazu

明日はまた腫れるのと痛いのは覚悟しているけど、今日はここまでは、親知らず
を抜く時に激痛を感じたのとゼリーを飲む時に痛みを感じた以外は、どって事ない。
晩、痛みで寝れないかもしれないので、夜間フライトで寝れない時の為、病院で
無理にもらっておいた、レンドルミン(睡眠薬)の出番。そんなに強い睡眠薬では
ないようだが、私は常用してないので、よく効くので、これから寝ます。
夜中に激痛で目が覚めない事だけを祈ります。