1/21 今日の修行

 朝は引き続きなし。明日から。今日も一日だけ頑張る。晩はその日の気分次第。
-------------------------------------------------------------
さて、晩はどうしようか。前は火曜日が整骨院でカイロの日だったが、今は
木曜日と金曜日がどっちかと言えば、メンテナンス日に充ててもよいように
なったので、晩も練習して、木曜日にメンテというのもありだと思う。
とりあえず練習に決定。
頸椎の話を長々と書いたが、また別記事にしてUPしようと思う。昨日は、
クラスでシルシアサナが出てきた。
昨日はやんなかった。一応は動くクラスだったけど、他にできる人いるし、
出来ない人の前でやって、出来るようになりたいと思われても困るから。
これ、バランス悪い人、鍛えてないと単に首の頸椎に負担かけるだけ。
脳から脊髄通って、神経が体中に走ってるけど、首ずれるとその下が
全部おかしくなる。(何番がどこの臓器に繋がってるとかで、この神経伝達
が弱くなるから病気になる。というのがカイロプラクティックの概念。
これアメリカで生まれた西洋医学だったりする。)骨盤調整とか
色々と調整方はあるけど、基本は首がずれてると下は全部ずれてくる。
だから、出来ない人はやんなくていいアサナだと思ってる。
シャシャンカアサナ、肩立ち、ハラアサナとかで十分。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 花音 より:

    確かにヘタすると首痛めますね☆
    カイロって日本で生まれたものかと思ってましたー!

  2. KOJI より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    花音さん
    そうなんです。私も東洋医学と思ってたんですが、実は科学的な根拠
    がある治療方法なんです。
    一応、ヨガと関連しますが、よく肩立ち、ハラアサナの時によそみ禁止と
    インストラクターさんが言うけれど、(意味の説明は聞いた事
    ないが。)ずれに繋がる事ってあるんですよ。大きい衝撃でずれる事
    があるので、交通事故の後は病院に行けといいますし、後々というのも
    このずれが後で病気に繋がるという事だったりします。
    (この何故か?という根拠は誰も説明しなかったりしますが。)
    難病が意外に首の骨のズレが原因だったり(これだけとは言いません)
    する事もあります。ヨガで体調がよくなったとか言う人は多いけれど、
    筋肉のバランスがよくなり骨をいい状態で固定する。背骨に刺激が
    入り、各部位に神経の通りがよくなる事で自然治癒力が高まった
    というので、カイロプラクティックの概念に通じるところがあります。
    逆に首の骨がずれていたら、いくらヨガをしようがあんまり効果が
    出なかったりします。骨盤調整とかの概念もありますが、重力は上から
    かかってくので、骨盤を多少調整しても背骨がきれいなS字カーブ
    でなかったらまたずれてきますし、骨を引っ張る筋肉の付き方が悪いと
    またずれてきます。人間にはホメオスタシス(恒常性といって、一定の
    ところを保とうとする。これは体もそうだし心もそうです。)というのが
    あるので、悪い状態をよい状態にするには、そうとうな労力が必要だったり
    します。
    さらっと書いたら長文に、、、まぁ、背骨と首の骨は自己回復機能と連動
    し、ヨガで体調云々はこれと関係してるという事です。