1/24 英語の勉強日記

起きた。エアロバイクと言えども一応は負荷になるので、今日は無し。
(今日は本当にできるけどやんないの日。)
昨晩は1本だけやった。(ストレッチで回復する目的)よって、筋肉痛は
今のところ感じない。
日曜の英検準一級は、今回は無対策でどこまでやれるか実験。昨年は6点
足りなかった。(途中でパニック発作起こしたから仕方ない。まぁ、
ストレスの限界超えてたし。)今回は、あんまり負荷をかけてない状態
で、どこまでやれるか?だ。明日、ちょっと思い出す程度にやっては
みるけど。
ま、一発勝負ではないから、そのうち合格すりゃいいやという姿勢が
いけないんだろう。自営で、別に試験通らないとまずいという事も
ないし。
TOEICも昨年2回連続で775点で、800点にはアビメみたら、文法的にまだ
遠いというか、こちらもヨガみたいに本腰いれないといけないが、TOEIC
何点だからどうとかないし、そもそも日本語話せても嫌なやつは嫌な奴。
それはアメリカ人でもイギリス人でも変わんないから、話せてどうはない。
と思う姿勢が結果に出てるような。
嫌々やってるのが点数とか結果に出る。ここも追いつめられないといけない
なと。
今回、不合格なら、英語の勉強日記に変えようか、、、
ヨガの練習ばっかやってて、こんなんでいいのか、、と思うけど、
これに関しては空気吸うような感覚なので、、、ただ、勉強は苦手。
まぁ、そんなこんなで今日も一日だけ頑張る。
-------------------------------------------------------–
インドネシアから最後のシュートを決めに来いと打診あり。行きたくないけど、
取引先に打診したら社長直々に行ってもいいとの事なので、オトモ確定だろう。
波動砲ぶっ放す準備は整ったから、最後の引き金は引いてもらう事に
する。サラリーマンなら会社のお金で行くから楽しいかもしれんけど、私は
自営だから、コストかかるし、あんまり行きたくないけど、仕方ない。
これ終わったら、何とか生き延びる事が可能になりそうなのと、
土壇場だし仕方ない。(修羅場、火事場はいいけど、土壇場は嫌過ぎる。)
お金の事は疲れます、、、まぁ、金額が手におえない額になると
単なる紙切れの事で悩むのバカバカしくなるけど。調べに調べまくって
何とでもなる事も分かれば大したことない。
この辺って、知ってる知らないで偉い違い。調べないと分からない
仕組みというのも問題だけど、たかが紙切れで人間関係壊したり、殺人まで
起こる訳で。
紙切れに勝手に人間がそれに価値がある。としてるだけ。考えたら
バカバカしい事だと分かる。
ウルグアイのムヒカ大統領が言う、
貧乏な人とは、少ししか物を持っていない人ではなく、無限の欲があり、
いくらあっても満足しない人の事
との事だが、一理ある。私は日本に生まれて、物質面、
安全面では圧倒的に恵まれた社会に生きているからこそ思える事も
ある。ウルグアイでそこまで思えて実行してるのだから、まだまだ
私なんかは、修行が足りてないなぁと。
人間持てるものには限りがある。もちろん、無くしたくない
ものも沢山あるけど、自分の力及ばず、無くなる事もある。
新しいものが入ってくる空間ができた。という風に解釈するしかない。
背負うものばっか増えていくような気がするが、放り出せないので
仕方ない。
--------------------------------------------------–
さ、今日も何事もなく仕事終わりそうなので、晩の練習をどうするか?
1本やってから、英語というのが理想だな。
と思ったら、スパッツはあるけど、その上に履くパンツ忘れたので、
今日は止め。外人とかならそのスパッツだけで上半身裸で
やるのかも知れないが、あれは私が見ててもなんかなぁと。
ムダ毛処理もされてない、、、(なんでだろう?)
ま、とにかくこういう日は、今日は休め。と神様が言ってると言う
風に受け止め、勉強だけにする。
我、事において後悔せず だから、キッパリとこの決断でいく。
--------------------------------------------------—
やってる途中で割り込み発生(ようは海外から早くしろという催促。)
自営のキツイところは休めない(怪我すらできない。)ところと、緊急の
仕事は最優先でやらないといけないところ。(やらないと給料出ないから、、、)
終えたけど、面倒だなと。愚痴だけど、私の言いたいことは、

楽な人生なんてある訳ない。

これに尽きます。もちろん、何でそんなことで、、というのあるけど、
個人個人の経験の差なんて違うしね。
今日は愚痴りまくりなブログですけど、私はヨガをやってこうなったんだ。
という、ブログにする気もないから思った通りに書いてみた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする