1/8 今日の修行2

 長いので分割。ヨガの練習というか修行をしてて、アサナをどんだけ
やっても、怪我したり、練習しなくなったり、年を取ったらできなくなる。
から、これ以上やっても無駄。というか、練習をとことんやると自立神経
やられたし。体が柔らかいのはまぁ、いいんだけど、つまんない妬みやら
やっかみの対象になる事もあるので(私としてはヨガを楽しみたいんだけど)
あぁ、これ以上は無駄と悟った。不老不死になる訳でもないし、嫌な事が
あるとそっちに気持ちが行くので。

でも、別に無駄とも思ってない。練習してて、人と比較して俺はダメだ
とも思わないから。そういう意味では練習してよかったなと思う。私なん
ぞより、できる人間は腐るほどいるが、心の底から別にいい。と思うから、
私はこんなもんでいいんだと思う。まぁ、そのラインがどこにあるのかは
知らんけど。

この辺があり、私はヨガ始めて、痩せたいとかこのポーズができるように
なりたいと思ってる人はトコトンやればいいと思うし、それを周りが
できなくてもいいとか、比較するなと押さえつけるのはどうか?と思う
理由だろう。できる奴ができない奴にいくら言っても上からなだけだよ。

私はトコトンやってみなさい。執着しなさい。比較して、1番になりたい。

と思うくらいにやりなさい。と言うだろう。やったら無駄だと分かる
から。

で、ヨガをやってるのに、パニック発作とか起こしたり、ストレスから
体調おかしくなるので、それを改善する為に色々と血液を綺麗にすると
かで、腸を綺麗にするとか、骨の歪みを取るとかで、健康上の対策はわ
かった。不老不死は無理だが。

で、後は心のストレスをどうするか?なんだよな。未来に対しての不安は
考え出すとキリがないが、なんも考えてない行き当たりばったりもいけ
ないから、やっぱり目の前の事をしっかりやっていく事が未来に繋がる
と信じるしかない。(やってても無駄な時もある。)

日々の修行というか、取り組みは精神安定剤みたいなもんだな。うん。

私が思うに、悟っても多分、不安とか苦しみが無くなる事は無理だろう。
そういう意味で、諸行無常。四苦八苦。は正しいと思う。楽もあるだろう
が、楽を知ると楽がなくなる不安が出てくるだろうし、その不安は苦だろう。

まぁ、一切皆苦としてしまうのもどうかとは思うが、意味的には正しい。

執着しない、手放す 事が苦から逃れる方法らしいが、これも正しいだろう。

が、無理だっての。できる事は心の在り方というか、考え方を変革させる
程度だと思うわ。考え方だけど、ある人にとっては死ぬほどの苦しみでも
考え次第では、これで楽になったと思う人もいる。

そういうもんだろう。で、楽しいとか思う瞬間って色々とあるけど、大抵
は美味しいものを食べるとか遊びに行くとか、買い物をするとかそんなも
んだと思う。

けど、私は思うが、これってその時は楽しいし、それが死ぬまで続くなら
まぁ、それはそれでいいけれど、例えば、そういうのができなくなる
状況とか、一旦苦しい状況になったら、その楽しい事ってすっかり無くなる
んだよな。それが楽しいと思っていた人も苦しみを感じるだろう。

まぁ、そういう楽しいもあるが、心の中のでそれが無くても楽しいと思える
心も育てなさい。という事かなと最近は思う。

ヨガの修行も7年やってるが、身体浄化としては昨年でまぁ、完成だろう。
だけど、心の在り方とかそういう意味ではまだまだスタートラインなんだ
なぁと。奥が深い。

そういう意味では、あるがままでいいと言うのも、あなたはそれでいい。
という訳ではなくて、今現在、あるがままの世界だからそれをあるがまま
にみる事にもなる。あるがままだからなんもしないではなく、よりよく
というか、今やってる事が未来に繋がっていくという感じか。

これはまさに因果律だなぁと。ヨガの修行は心の観察ともいえるし、心
の修行だな。心の修行をしなければと思ってるうちは全然できてない。
瞑想とか座禅が修行というのは体は動かないが、心は動くからな。

でもまぁ、心の無くすというのは無理だから、出来る限り静めるという
感じか。

でも、座禅とかはしたくないので、(したくなったらするけど)当分は
普通の動くヨガでいい。楽しいから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする