1/12 六甲登山(地獄谷~黒岩谷西尾根~有馬温泉)

 2015年初登山に行ってきました。しょっぱなだから、いつもの六甲山
で、寒いから温泉も行くかって事で、有馬温泉へ。

ロックガーデン~風吹岩~雨ヶ峠~七曲り~魚屋道はあまりにもベタな
んで、地獄谷から登り、風吹岩経由、雨ヶ峠を通り、七曲にいかず黒
岩谷西尾根という、地図にないルートを通り一軒茶屋に辿りつくルートを
選択してみました。有馬温泉への道は魚屋道で、つまんないですけどね。

地獄谷、黒岩谷西尾根は初めての人にはキツイと思われるルートです
が、私みたいに捻くれもんで、普通に有馬温泉は目指したくないという
人にはおススメできるルートだと思います。

そして、今回はモンベルのソフトシェル ロッシュジャケットを着て
初めての山行でした。雪も降ってたし、風もありましたので、性能を
試すのには最適な日でしたね。

IMG_0002

で、結論から言うと、アンダーウェア(アンダーアーマー)の上に
夏用の長そでシャツ、そして、ロッシュジャケットの3枚で全く問題
ありませんでした。1000m程度の低山なら、ハードシェルは不要と私は
思います。寒かったり、雨降ったら、レインコートを羽織ればいいし。
(どうせ持ち歩くんだから。)
しかし、ソフトシェルと言えば聞こえはいいが、ようは山用のカッコいい
高級ジャージですね。

参加メンバー : 私(いつもの事。)
——————————————————————–
IMG_0001

1.AM 09:22 あしやがわ駅から。

IMG_0002

2.もうすっかりというか冬。

IMG_0003
IMG_0004

3.AM 09:56 茶屋と高座の滝。ここまでは普通ですな。駅前のローソンで、
 キャプテン(野球)を読み始めたのがまずかった。

IMG_0005

4.AM 10:04 地獄谷に取り掛かります。地獄谷のルートですが、とにかく沢に沿って登ると
  迷う事はありません。

IMG_0006
IMG_0007

5.とにかく登ります。

IMG_0008IMG_0009

6.特に危険なところはありません。どこかのブログではしごがあるのを見たのですが、
  はしごは見かけませんでした。まぁ、無くても普通に登れるしいらんよね。

IMG_0012
IMG_0013

7. 沢沿いに登れば間違いないです。

IMG_0014
IMG_0015
IMG_0016

8.ひたすら進みます。このダムみたいなところも行けるらしいのですが、
  危険な事はしない。が鉄則なんで、小便滝の方へ。

IMG_0017
IMG_0018

9.迂回路みたいなところにロープが張ってましたが、迂回路の方が危険のような、、、

IMG_0019
IMG_0020

10. まっすぐに行くコースもあるみたいですが、ピラーロックは行ったことが
   ないので、そちらへ。地獄谷を抜けたところで雪が降り始めました。
   ロッシュジャケットの性能を試すには最適な日でしたね。えぇ、買ってよかった
   の一言です。

IMG_0021
IMG_0022

11. AM10:38 Aケン やピラーロックの方へ。

IMG_0024
IMG_0025
IMG_0026

12.眺めはいいです。このへん道が分かりにくかったので、人に聞いて風吹岩の方へ。

IMG_0027
IMG_0028

13. AM11:28 風吹岩のとこで、ラーメンタイム。このカップラーメン278円も
   した。イオン40周年記念との事。まぁ、試してみるかという事で。味はま
   ずくはないけど、278円も出した価値があるかは不明。多分、もう買わない。

IMG_0030

14.雨ヶ峠を目指します。面倒くさいというか、何回か通ってるので、写真取る気なし。

IMG_0031
IMG_0032

15. PM12:18 到着。雪が残ってる。道はドロドロで靴が汚れた。コーヒータイム。
  山専用ボトルは900mlなので、カップラーメン+コーヒー2杯 計3回暖が取れる。
  結局この日は水飲まず、山専用ボトルのラーメンとコーヒーだけで事足りた。

IMG_0033

16.PM12:35 分岐は本庄橋跡の方へ

IMG_0034

17. PM12:47 ここから黒岩谷西尾根(他のサイトで詳しく書いてる。ちなみに
  正式名称がこれかどうかは私は知りません。)へ行けます。わかりにくいけ
  ど、この写真の先に沢があるので、それを渡りますと左上の方に続く道があ
  るんです。

IMG_0035
IMG_0036

18. 人一人が何とか通れるような尾根です。普通に七曲り行くより楽しいと思いますよ。
  誰とも出会わなかったし、誰も後ろから来ない。このルート地図に載ってない
  ですからね。そもそも。でも道としてはキチンと1本道なんで、すぐにわかります
  からご安心を。

IMG_0037
IMG_0038
IMG_0039

19.アイゼン買っておけばよかったよと思いましたが、まぁ、踏み跡を慎重に
  行けば問題なし。ちなみにこの尾根、道踏み外したら、、、と思うよう
  な個所があったので、今日みたいな雪の日は避けた方がいいかもね。

IMG_0040
IMG_0041

20.ロープ場あり、展望もよし。ひたすら登る七曲り

IMG_0043
IMG_0044
IMG_0046

21.なぜか最後の方に階段あり。

IMG_0047
IMG_0048
IMG_0049

22. PM13:35 最後、板みたいなところを抜けたら、頂上みたいなところに着きます。
  後はフラット。一軒茶屋が見えてきました。人の話し声が聞こえてたので、七曲り
  と並行したんでしょう。

IMG_0050

23.写真でいうと雪だるまの右の隙間が通ってきた道で、右の石垣のあたり
  が七曲りからの道です。

IMG_0051

24. 寒いし、雪あるので、誰もいなかった。まぁ、午後2時というのも
  あるけれど。

IMG_0052
IMG_0053

25. 一応、今年初登山なんで山頂へ。道が雪で滑りそうになるんで、
   慎重に。樹氷とまではいかないけど、まぁ、綺麗だったんで。

IMG_0054

26. PM13:44 見てもなんの感動もわかなくなった山頂。もうこないだろう。

IMG_0055
IMG_0056

27. PM14:03 魚屋道へ。道は一部凍っていた。アイゼンなしなんで、慎重に。
  で、この道は単に下るだけで何の面白味もないので、
  有馬まで、一気に到着。PM 14:53

IMG_0058
IMG_0059

28. 温泉は金の湯に銀の湯は工事中か何かで開いてなかった。
   金の湯は安いけど、ザック預かってくれないし、人大杉。
   ロッカーはあり、ポールは斜め置き、ザックも曲げて何と
   か入れたけど、フロントでザックを預かってくれるたんぽ
   の宿の方が少し高いけど、ゆったりできる。金泉、銀泉 
   両方あるし、有馬で一汗流すなら、たんぽの宿がいいかな。

   で、ビールを。

IMG_0060
IMG_0061

29.有馬温泉ビール 600円で高いけど、まぁいいかと。炭酸せんべい
  の出来立て(3枚100円)も食べた。5秒くらいで固くなる。

IMG_0062

30. PM 16:15 で、有馬温泉駅から帰りましたとさ。
   今年は六甲山全山縦走やるよ。6月くらいにやる。