ブッダにならう 苦しまない練習

ブッダにならう 苦しまない練習 ブッダにならう 苦しまない練習
(2011/03/30)
小池 龍之介

商品詳細を見る

記事に特定の個人名を出さないというルールはありますが、花音さんと
言う方に、上記の本を教えていただきましたので、Amazonで発注して
読んでみました。
スッタニパータ(岩波文庫)は読んだ事があり、こちらは何かに徹底的に
取り組んだ後でないと理解できない短文集となっています。
こちらの苦しまない練習は、そんな事はなく、現代の事例、著者の事例
などを踏まえ、あまり深刻にならないよう章(レッスンという形式で進
みます。)の終わりに4コマ漫画があり、誰でも理解できるような内容
になっています。
私はまだまだ、Lesson15の精進するが足りてませんが、、、(これは
死ぬまで変わらなさそう。)
また、量も読むのにちょうどよい。程度に抑えられています。
スッタニパータもそうですが、古代のインドと今の日本の
環境、文化背景など異なる事情もありますので、当然の事ながら、
全てが正しいと言う風にも私は受け止めませんでした。
(多少、アレンジしないといけない部分はある。)
 が、総じて、言えば、分かりやすくて私も他の方におススメできる
本だと思います。スッタニパータは分かりにくいのと、読み返す気
にはなれませんが、この本なら気軽に読み返せます。
私自身は宗教はやりませんし、カルトなど特定のものを崇拝する事
とは距離を置くほうですが、原始仏教については、なるほどと思う
ところありますし、やはり真理は真理だと思います。それは今も
形式が変わっただけでやはり、ブッダは凄いなぁと(よく古代に
そんなところまで行きつけたもんだなと。もちろん、今の時代と
科学などは違うけれど、同じ人間なので、古代の人も現代人も
そんなに変わらないと思う。)
肝心の実践は全然ですが、、、苦しむ事が人生だと思うのはしんど
いけれどその苦しみがあるから、楽しいとか嬉しいとかいう感情も
あるので、苦しいは否定する感情ではない。(できれば苦しみたく
ないのは誰も一緒と思う。)
だから、苦しまない練習をして耐性つける訳ですね。どんだけ
練習しても苦しいのは苦しいというのが私の意見ですが、、、
スッタニパータなどは、読む人もそれなりに原始仏教などに
興味がある人でしょうが、この本なら、勧めやすいと思います。
花音さん、よい本をご紹介下さりありがとうございました。一部、
知らなかった事もありましたし、また見つめ直す勉強になりました。
私も人に勧められる本だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 花音 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    気に入って頂けたようで良かった~(^^)
    KOJIさんには簡単過ぎて物足りないんじゃないかとドキドキしてました☆
    私はスッタニパータは読んだ事がないので、
    そちらを読んでみたいと思います!
    それにしても・・・lesson15が足りてないって!?!?
    そりゃあ無いですよぉ!!!
    KOJIさんが足りてなかったらブッダも足りてなかったんじゃ!?
    頑張り過ぎないで~。

  2. 文武両道 KOJI さん より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > 気に入って頂けたようで良かった~(^^)
    > KOJIさんには簡単過ぎて物足りないんじゃないかとドキドキしてました☆
    > 私はスッタニパータは読んだ事がないので、
    > そちらを読んでみたいと思います!
    >
    > それにしても・・・lesson15が足りてないって!?!?
    > そりゃあ無いですよぉ!!!
    > KOJIさんが足りてなかったらブッダも足りてなかったんじゃ!?
    > 頑張り過ぎないで~。
    自分で足りてると思う事がそもそも足りてないと多分、ブッダも思っていた
    んじゃないかなと。(私なんかヒントもらいまくりですから。昔の事を
    勉強するとか本を読むというのは近道をもらってるようなもんですよ。)
    私なんか全然ですよ。色んな分野で色んな人がもっと努力してるというか、
    朝から晩までやってる人も沢山いるし。私は私のできる範囲でやってます。
    オリンピックにでる選手とか私から見ても、引くぐらいやってますよ。
    私のレベルでやってるとはとても言えません。上をみてもキリがないし、
    下(この表現は好きではないがあえて下とする)を見てもキリがない。
    精進という意味は人間としてという意味ですね。これはなぁと。多少は
    まともな人間に近づいてきてるのかなと思いますが、まだまだです。
    スッタニパータは立ち読み位でいいと思いますよ。買って読むには遠い
    本です。