ハイドレーションシステム不要! チャムス ボトルクリップ CH62-0109 を買う

2016/11/1 改定

2016年も安定の大活躍でした。

なぜ、こんな記事が人気あるのかわからないけど、私と同じような需要が
あるもんだと思います。結論を言うと、これはハイドレーションシステムを
買おうと思うけど、そこまでは、、、という人にはおススメです。
(ハイドレーションシステムは高いんじゃ!!という人向け)わずか432円
で幸せになれます。いや、ガチで便利。

低山ハイク程度では、ハイドレーションシステムは不要と私は思います。

IMG_0059IMG_0008

こんな感じでザックの腰ベルトにつけて使っています。低山ハイク程度(六甲)
ならば全く揺れないし、歩いている途中や登っている途中でも落ちません。
(プラティパスみたいなハイドレーションシステム買わなくて良かったよ。歩きながら
飲めるし。
IMG_0012

休憩の時にザックを降ろして補充すればいいので、とにかく楽。)
この画像ではわからないでしょうから、下記を参考にしてみて下さい。

IMG_0001 IMG_0002

本体の下の方に穴があるので、100円ショップで買ったストラップでザックにくくりつけ
落下防止対策をしてるんですが、実際は必要ないと思います。で、ペットボトルを装着
します。かなりガッチリと固定されるので、まず以て大丈夫ですよ。

ポイントは外れないボトルとそうでないボトル(エビアンは外れる)があるので、その
辺は要注意。ザック降ろさずに水分補給ができるのはいいですよ。下記は買った時の
記事です。何を思って買ったのか書いています。

2015/04/08 追記

追記忘れてた。結論。買ってよかった。

IMG_0001

こんな感じでザックのベルトに固定して使ったが、揺れない、落ちない
(ペットボトルによる。)、歩いたり、登っててもさほど気にならない。
飲み切ったら、休憩の時にペットボトル補給するという感じで使った。
流石にキャップを開けるとかはしないといけないので、ハイドレーション
システムと使い勝手は違うだろうが、値段が全然違うので、今のところ、
私はこれで満足。
————————————————————————-
image

image

チャムスのこういうボトルホルダーを買ってみた。ハイドレーションシステムは高い
し、水がどれくらい残っているかわからないのは不安だ。

私の考えは、このボトルホルダーで500mlとか300mlのペットボトルを吊り下げておけ
ばザック背負ったまま水分補給もできる。無くなったら、ザックの中のを移せばいいだ
けだし。

私のザックはサイドにペットボトルホルダーがあるんだけど、そこに入れても結局
ザックをおろさないと手が届かないのは同じで、そんならザックを開けて2Lのペッ
トボトルを出しても同じだ。(あんまり荷物が詰まっていないから。)

で、腰とかザックのベルトに着けれるボトルホルダーを考えたのだが、ウエストポー
チは論外で、カラナビでぶら下げるやつとかだとブラブラするしでどうしようかと
思ってた。

で、店で見かけてこれを買ってみた。税込432円だから使えなかったら使わなければ
よい。諦めもつく。

これ自体が落ちないように穴とザックやらを携帯電話のストラップ
みたいなので、繋ぐとして、まぁ使えそうだと思う。どう見ても
100円ショップ製品だが。

image

装着したがなかなかどうしてガッチリとホールドするし、ペットボトル
の淵に密着する。腰に付けたが、動きに支障は? 述べたように424円
だしいいか。(追記 久々に買ってよかった!という製品でした。)

昨年の経験から、夏山で大体1時間に250mlから300mlあれば、水分
は足りる。から、2Lあれば、6-8時間は行動できる。500mLあれば、
水を飲むためにザックを下さずに1-2時間は行動ができる。という事
だ。

レビューした人の感想から、私の考えた通りだなというレビューがあるので読んでみて
下さい。Amazonでも取り扱いはあるようですが、送料はどっちもかかります。
まぁ、取り寄せればいいんじゃないかなと。

他の人も山登りに使ってるなというし、私も本当に買ってよかったなと思います。
ハイドレーションは考えると思うのですが、値段結構しますしね、、、私はチ
ャムスのボトルクリップを押します。たかが432円ですし。送料はかかるけど、
探し回る手間(どこの山屋にでも売ってる訳ではないから。)を考えたら
いいかもね。