4/3 今日の修行(やっぱ鰻家は至高。大阪来たら食うべし)

2015/07/24 加筆修正
土用の丑の日で鰻家 行列できてたので、記事を少し修正
—————————————————————–

スマーティ中。活性炭届くの楽しみ。
———————————————
IMG_0001

活性炭が届いた。3KGSは1年以上あるな。ジップ
がないので、今の竹炭の袋に入れ替えて使う事と
する。
————————————————————
鰻家で鰻重(上)を食べたのでもう大満足。

鰻家(うなぎや) とは、まんまのネーミングだが、
ここの鰻を食べると他の鰻屋とかスーパーの鰻が
食えなくなる。

それくらい至高の味。事務所の裏になんかできてるなぁと
入って食べたら、大抵の人もそうだと思うんだが、リア
クションを取りたくなる。大将の鰻を捌くのも芸術的。

めっちゃ早い。で、鰻を食べると、、、

こ、、、、この、、、鰻は、、、、(キラッと目が光る)

う~ま~い~ぞぉぉおっ~~~~!!!
(目や口からビームが出る。)

うまいぞぉ~ うまいぞぉ~ このタレの味がしっかりと
して、カリっとした香ばしい大阪風の焼きが、少し固めに
炊かれたご飯とよくマッチしておるわ。

タレをかけなくても全く問題がないわ。なんと!皮と身の
間の脂がごはんと絡み合い、口の中で絶妙なダンスを始め
おったわ。

うまいぞぉ~!うまいぞぉ~!

ご飯が進むわ。なんと、周りの客も食べ始めると、無言に
なりおるわ。あぁ、なんという美味さだ。それとなんだ、
鰻のスタミナが体中に注入されているようだ。

今ならフルマラソンでも走れそうだ。

うまいぞぉ~うまいぞぉ~ 鰻とはこんなに美味しかった
のか。

そうじゃ、タレと山椒を忘れておったわ。むむむ、、、、

おぉ、既に完食じゃ、、、恐るべし。

ご馳走様。

という感じ(マジでこれくらいのリアクションを取りたくなるよ。)

で、普通に書くと、ここの鰻家ではタレや山椒は不要。
というか、味をぶち壊すので無しで食べる。

焼きの微妙な加減というか、タレは焼きの最後に2回くらい
かけるんだが、炭火で丁寧に焼かれた鰻のカリカリと
いうか、味がする。ご飯とのハーモニーが絶妙。

出てくる前の前菜 う巻き も旨い。初めて食べた後、
食べログみたら、うりずんという鶴見区の店が移転して
こっちに来たとの事で、ファンも多かったようだ。

知らずに、鰻家できてるなぁと入った私がファンになる
のだから、まぁ、わかるわ。

マーベリックの食パンや媛のから揚げは、値段が値段
なんで、人にごちそうしてもいいが、至高の味、鰻家
は私も自分では食べられない価格なんで、人の奢りや
お客さんが来た時に食べる程度だな。

蒸さない関西風の焼きが好きな人なら、まずお勧め
できる。

新大阪駅から近いので、遠方の人も是非。

場所はここ


大きな地図で見る