5/19 今日の修行 

スマーティ中。寿がきやの赤からきしめんというのが150円程度
で売っている(店舗は限定される。)のだが、これが美味しい。

みそ煮込うどんも美味しいけど、赤からきしめんはガチ。
—————————————————–
訳のわからない人は結構世の中に多い。この人の精神構造は理解
できん という事があり、先週、それがあった。詳しくは書かない
が、まず私ならそんな事をするという概念はない。

こういう時はマルクス・アウレリウス皇帝の自省録を読むと、昔の
ローマでも今の世の中でも人間というのは東西問わず、全く変わ
ってないという事が分かる。

この自省録は皇帝が書きとめたものをまとめたものなのだが、
昔の皇帝でも内面では色々と葛藤があったんだな。と分かる。その中で
賢い皇帝の思考方法は我々にも役に立つ。いくつか紹介したい。

—————————————————————
あけがたから自分にこういいきかせておくがよい。うるさがたや、恩知らず
や、横柄な奴や、裏切り者や、やきもち屋や、人づきの悪い者に私は出くわ
すことだろう。この連中にこういう欠点があるのは、すべては彼らが善とはな
んであり、悪とはなんであるかを知らないところから来るのだ。……彼らのうち
誰一人私を損いうる者はない。というのは誰ひとり私を恥ずべきことにまき込
む力はないのである……そして人にたいして腹を立てたり毛嫌いしたりするのは
とりもなおさず互いに邪魔しあうことなのである。
————————————————————–

本人はそれが悪い事とも思ってないからやるんだろうね。実害は大した
問題ではなく、大事にしたくないから黙っていたが。何なんだ?という
人は多い。でもまぁ、その人からしたら別に何とも思ってないんだ。と
思うようにしよう。

で、
————————————————————–
ところで君はどんな被害を蒙ったのか。君が憤慨している連中のうち誰一人
君の精神を損なうようなことをした者はないのを君は発見するだろう。君に
とって悪いこと,害になることは絶対に君の精神においてのみ存在するのだ。
————————————————————–
金銭的、物質的 損害を被ったが、、、、少ない金額なので。それよりも
精神的に被害を受ける(腹を立てたりする。)方が問題という事。

で、そういう人がいる事については
————————————————————-
他人の厚顔無恥に腹の立つとき、ただちに自ら問うて見よ。「世の中に
恥知らず  の人間が存在しないことがありうるだろうか」と。ありえない。
それならばありえぬことを求めるな。その人間は世の中に存在せざるをえ
ない無恥な人びとの一人なのだ。
————————————————————-

そういう人間がいない世の中はない。という事。

一番の問題は、そういう人は自分が悪いと思ってない。という事だったり
する。よって、変わる事もない。

だから、必要以上に関わらないのが一番だ。自分の心の平和の為である。
でも、こういう連中に限って害をわざわざ成しにくるんだよな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする