6/24 今日の修行

スマーティ中。終わったら補強。
—————————————————–
久しぶりにピンチャマユラアサナをしたが、意外にやってなく
ても一発で決まるもんだなと。シルシアサナからのハーフベンド
からも普通にできる。後、膝コロ50回やっといた。立ち
コロはダメージきついからな。

で、昨日は、ラコダ?パコダ?聞いたけど既に忘れた
アサナが出てきた。7年くらい前から初見でできたアサナ
だけど、いまだにアサナの名前だけは覚えられん。
(マントラ同様。覚える気がない。

上記のアサナはどういうのかっていうと、足を四の字に
組んで、脛の向こうの床に両手をついて、足のすねを上腕三頭筋に
つま先なんかを使ってロックしてチャタランガみたいに前に乗り込み、
体重移動をしつつ、もう一つの足を延ばして、空中に浮かす。
というやつ。

私は当たり前だが、こんなアサナは普通にできる。

周りの人はできない人が多い。(まぁ、別にこんなん生きていく
上でどうでもいいポーズというか、ヨガやらん限りは出てくる
ポーズではないだろう。)

私が見てて、そりゃできんわ。という感じの人が多い
ので、一応、ヨガブログだし、たまにはという事で、
このアサナのコツを書いておく。

1.足を上げようという意識を捨てる事が大切。

2.体を締めて1枚の棒(もしくは板)にする。

3.支点となる部分から体重を腕に乗せる感覚で、
  シーソーの要領で足が勝手に上がる。

特に難しいという事はない。アームバランス全般に対して
の意識は上。大抵の人は足を上げると思っているので、締
める意識をしていない。意識をやる場所が違うから上がる訳
ない。

後、このポーズの前にチャタランガをするのだが、これは正しい。
私が思うに、チャタランガをいいかげんにやってる人はこの手の
アサナはなかなかできんだろう。

コツを書いておく。チャタランガはちゃんと脇を締めて、体を
締める感覚でやる事。よく脇が広がっていく人がいるが、これは
力を分散させるし、体を乗せる土台が崩れるので、そりゃできんわ。
となる。この締める感覚がわからんのなら、壁倒立(指先を壁に
くっつけてやるやつ)で限界まで耐える。

これ無理なら、チャタランガの腕を曲げた状態で耐える練習を
するといい。

まぁ、皆、やりたいと思ってても鍛える事はせんので、誰にも
コツというか、どうやったらできるようになるのかを話す
事はない。

私はアサナのやり方を人に聞いた事はないが、このアサナと
このアサナで意識する事がこれに繋がる。というのはわかる。
——————————————————
珍しく、ヨガの事というかアサナのコツを書いた。私は人に
聞いた訳ではなく、自分でこうだろう、こうだろうと理論立てて、
それを実行しただけなんで、あってるかは知らんけど、インストラクター
さんの組み立て方を見ても、まぁ、こういう意図だろ。とかわかる
から正しいものと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする