6/3 今日の修行

朝はなし。今日一日だけ頑張る。
---------------------------------------------
ヨガでもバスティという腸の浄化(ヨガ版エネマ)があるらしい。
ヨガの事は知らなかったが、いつの間にやら行きつくところ
まで来ていたという事か、、、
まぁ、厳密には食事療法などやってられんが、それでもマーガリン
とかは絶対に食べないし、無添加石鹸で生活。合成界面活性剤
さよなら。(食器洗いとか洗濯には使うけど、すすぎは何度も
してる。)ジュースとか糖類は極力取らない、肉もあんまり食べない
いう程度はやってるが。
毒素をため込むとよくない。ということは簡単に理解できるだろう。
私はどくだみの粉も飲んでいるが、あきらかに肌がきれいになった。
で、さらに突き詰めるとコーヒーエネマに行きついた訳だ。ヨガでも
バスティするなら、コーヒーエネマ したらと思う。
訳のわからん薬草を入れるというのも理解できるが、コーヒーで腸
を洗う理由は肝臓の機能をよくして、胆汁を出す。油溶性の毒素は
これでないと体から排出できないからだ。というのが確立されてる
から。効果はある。
便秘になると肌の調子が悪くなる。事くらいは誰でも知ってるだろう。
腸に腐敗したガスなどが血液に入り込むという事で、体調が悪くなる。
血液に毒素が入り込んで、その血液が体中に運ばれる。その毒素の
入った血液が肌とか細胞に現れる。
というのがゲルソン療法の理論だ。これは間違いないと思う。若杉ばあちゃん
の食養でもそう書いてある。(おこげを食べるのは体の中に活性炭
を入れて毒を出すんだろう。竹炭の粉が食品として売られているのはこれ
だと思う。水だって活性炭通せば浄化する。これを人体でやるのが
おこげであり、炭という事だ。と解釈している。)
まぁ、とにかく、コーヒーエネマする事により、毒の元になるものを腸に
残さない。ガスを溜めない。で、ついでに腸からコーヒーを吸収して、
肝臓の機能を強化して、毒素を体から出す。という事だ。
私の場合は理由はアンチエイジングが主な理由。結局のところ、あれこれ
美容液を使うより、自分の体の本来の力を最大限にする事が重要なんだ
よね。腸を綺麗にしたら、肌の保水能力も強化されるし。
ヨガとかカイロで、背骨に刺激をいれて神経系統の流れをよくして、毒素を
出す(浄化)して、血液を綺麗にする。
現代社会において、毒素を体にいれない。という事はほぼ不可能だが、
取らないように気を付けるとか、取った毒素を積極的に出すという事を不可欠。
だとみている。
そういう意味で、コーヒーエネマは最強のデトックス(バスティ)だと思う。
---------------------------------------------------
これ、かなり核心をついてるんだが、人に言っても変人扱いされるから、
ここだけに書いておく。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする