アジャスト?ペアワーク?基本、要らんと思うけど。

ヨガやってると、アジャスト(インストラクターさんによる
調整。)とペアワークという受講生同士で補助をしあうと
いう行為に出くわす事がある。(流派やインストラクターさんの考え
方によるが。)

私の個人的な意見なのでこれが正しいとする気はないが、
私はアジャストとペアワークは基本、要らないと思ってる。
(もちろん、それが有効な時もあるというのは認めている
とした上での見解です。)

まず、何でかっていうと、人によって骨格やら関節の構造
、また現在の状況など人それぞれ違うのだから、

アジャストしてまでアサナを完成形に持っていく
意味があるのか?

と思うから。

私は人のアサナも見るが、あらら、手が曲がってるなぁと
か体硬いなぁとか、ポーズの完成形とは遠い人がいるけど、

完成形ってなんなのさ? と思う。

その人の今の状態ではそれが理想形だと思うから、本人が
そうやってる訳で、それを無理やりアジャストで自分がこう
だと思うポーズに他人のアサナを近づける必要はなく、口頭
でこうして!という指示くらいでいいんじゃないの?と思
うのだ。

各生徒の体の状態、関節の構造、精神状態など把握でき
ないのだから、無理に理想の形に持っていく事もない。
特に強いアジャストは要らないと思う。関節技かけてる
のと同じじゃねぇの?

一回、アシュタンガのイベントみたいなんに行って、外人
のインストラクターさん(初対面)にグイグイ、プラサリー
タ パードッターナーサナCをアジャストされたが、

パロスペシャル(笑)かよ!

と思ったもんな。(えぇ、私は大丈夫ですよ。でも硬い
人ならパロスペシャルですね。勢いが完全に)

まぁ、インストラクターさんからしたら、アサナはこうある
べき、完成形はこう。アライメントがどうとかあるし、
熱意や善意でやってるんだろうが。

で、私が苦手なのは ペアワークだ。ペアワークとは所謂
レッスン受けてる会員同士でペアなりグループを作る訳な
んだが、これが私はかなり苦手だったりする。

信頼関係もなんもない人にアシスト(補助)されるのが
まず怖いのと(自分のリズムが狂う感じがするから。)、
他人の関節の構造や可動域など知る由もない(特によく
知らん人)ので、怖くてアシストなんかできねぇよ。

という事なのだ。特に逆転系のアシストをされるのと人に
するのが嫌いである。

壁の方がよほど信頼できるよ。

と私は思うが、この辺は他の人はどう思っているかわからん。

どう見ても、そのアサナに入る前の段階の状態の会員さ
んがそのアサナをやろうとしてる姿なんか、見てて怖くて
たまらん。(楽しんでいる限り、怪我しないとか言ってる
人もいるけど、絶対にそんな事ねぇぞと思う。)

昔、シルシアサナのペアワークがあり、私はそんなもん
アシストなど無くてもできるから、アシストなどリズム
狂うだけで、嫌だったのだが、ペアになった会員さんが、
まずできる状態ではないのに無理やりやるから、グラグ
ラするし、見てて怖かった。

まだできんですよ。とも言えないし。この辺があり、私は
人前ではシルシアサナをやらなくなったとさ。(家では
やるよ。)

私がなんでこう思うか?なんだけど、何度も書くけど、

自分が自力でできないアサナを無理に外の力で完成形に
持っていく必要はないんじゃないか?

という事からです。補助がなければできないならやる必要
なくないか?

昨日も書いたけど、基本のアサナを十分深めていくとでき
るようになる。後、人によっては関節や骨格の構造上絶対に
できないアサナもある訳で、できない状態のものをそれを
分からない他人が、アジャスト、補助で完成形に近づける
必要はないと私は思います。

最後に再度書くけど、アジャストや補助を全否定している訳
ではなく、こういう考え方もあるよ。程度で受け止めてね。