8/24 今日の修行 トレーニーは異常

スマーティ中。分割を支払い終えた今は元を取るだけ。
十分取ってるけどね。レンタルビジネス始めるか?とい
う感じ。汗が黒いとかは全くなかったし、皮脂腺からの
汗とかもわからんです。
————————————————————-
で、昨晩もジムでささっと鍛えたのだけど、パワープレート
は効率いいわ。1週間だけどかなり変わってきた。この分
なら今年中にはかなり力が戻るかも。

しかし、全然使いこなしてないな。後、やっぱスタッフさん
とかのレベルはゴールドジムに比べると全然違うなと。いわゆる
普通のジム。ゴールドはスタッフさんの筋肉に対する情熱は
異常だったからな。会員さんやらビルダーの人たちの異常な
筋肉への執着は凄まじかった。

ゴールドジムは前にも書いたが、奇人変人が多い。(お前も
その一員だろと言われたら返す言葉がないが、ゴールドは
私なんぞ普通すぎるくらい、変なのが多いのよ。)

まぁ、そのおかげで倒立しようがバランスボールの上でスクワット
しようが、何しようが全く黙認されていたというのがある。と
いうか、そんなの普通すぎるというか、危なくもなんともない。
(今のジムではシルシやらハンドスタンドなどの練習はしない。と
決めてる。いわゆる普通のトレーニングしかしない。目立ちたく
ねぇからな。)

筋トレしてる風景も異常。腰に重りとかぶら下げて、声をあげながら
トレーニングなんて普通。持ち上げる重量とか半端ない。腰痛める
わ、、、という感じ。後、プロテイン持参なんて当たり前というか、
受付でジューサーと混ぜて販売までしとる。トレ後30分のゴールデン
タイムにプロテインなんて常識だからな。

それくらいゴールドジムは筋肉命が多い。何かの宗教だと思うわ。
というか、脳がどっかあっちの世界に行かないと無理だわな。
(まぁ、ヨガも似たようなところあるが。)健康やら生活より筋肉が
大切というあの情熱というか、、、

トレーニングをする人はトレーニーというのだが(ヨガをする人が
ヨギーというのと同じ)、やっぱりある程度から上(という言い方
はあれだが)に行くにはやっぱどっか吹き飛んでいるところが
ないと行けない。

あっ、決して非難しているわけではないですよ。それはそれで
凄い事です。私はボディビルダーのガチ勢はすごいと思っています。
(中途半端な筋肉への愛では絶対に無理。あれ、滅茶苦茶過酷な
競技ですから。中途半端なトレーニングではあんな筋肉には
絶対にならない。)
————————————————————————–
で、昨日本屋でTarzanというトレーニング雑誌の表紙にヨガ特集とあ
るので、読んでみた。

Twitterにも書いたが特に見るべきものはなかった。というか、この
Tarzanという雑誌自体がある程度トレーニングをしている人からしたら
得るものがほとんどないいわゆる初心者向きの雑誌というのはわかると
思うのだが、ヨガ特集もやっぱそんなもんだった。インストラクターさん
のおススメのアサナとあるが、誰もができないのをおススメにしてるのは
ちょっとなぁと。サーカス技術を競うのがヨガととられかねないよ。

そんなもん。ヨガの世界も筋トレの世界と似たところがあり、柔軟性や
らアクロバティック技術の方向に進むともっと!もっと!となっていく
ところある。そういう意味においてはヨガのアサナの練習をガンガン進
めて肉体的な鍛錬が進むと一種の傲慢さが出てくるようにも思う。

アサナの練習に取りつかれると、しだいにもっともっととなる。
口ではアサナは全てではない、できなくてもいい。なんだけど、筋トレ
と一緒で執着してる人が多いよ。

まぁ、ヨガ界では筋トレみたいにその執着を隠さないといけないという
不文律があるが、、、(執着してさっさと満足するところまで行く方が
私は執着に捕らわれる期間が短くて済むと思う。)

私も口では言ってるけど、やっぱジム行くって事は筋力落ちたらいや
だなぁとか体型崩れたら嫌だなぁと肉体への執着があるから。いや、
私は執着していいと思うんだよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする