7/14 今日の修行

 朝、スマーティに入った。汗だくだくは相変わらず。HSPが細胞を修復。
美魔女 山田桂子氏がライバルとだけしとく。
-------------------------------------------------------
昨日、話が降られたので、カイロによる首の骨の矯正がヨガというか、
柔軟性に及ぼす影響について、さらっと語ったが、多分というか、
実際にやってみる事はないだろうね。首の骨の矯正だけではないけど、
首は1回でも効果が高い。(施術する人に腕の差が恐ろしくあるが。)
 骨がいい状態で練習しないと、体は柔らかくならないし、ゆがんだ
状態だと別のところをゆがませてバランスを取ろうとするから、筋肉の
付き方がおかしくなり、余計歪みを固定化する事になるんだけどね。
(まぁ、ここまでは話さないが。)
最大の違いは、プロポーションがよくなる。O脚なども解消する。骨盤
だけでは一時治っても、根本的に首とか背骨の上がゆがんでるとまた
骨盤がずれて、O脚とかになる。骨盤調整だけでは絶対に完治しない。
(重力の事を考えたら、当たり前の事なのに。骨盤だけに注目する
人が多いのは何故なんだろう?)
骨盤がずれる要因は色々とあるが、上がずれてるとみるのが自然。
なのに、そこだけ一時調整してもまたずれる。対処療法と同じ。
ヨガやってても全然柔らかくならない人は腐るほど見てきたが、例外
なく、アサナを見ても背骨が柔らかくない。コブラのポーズがとても
分かりやすい。
背骨の調整が大切だとしたが、それ以外に、トリガーポイントを1個
1個無くしていく事も大切。体は繋がっているので、複雑に絡みあった
知恵の輪というか、ここを解消してようやく次のところが見つかる
とか、そういう世界。ここのコリを無くしたら次はここにコリが現れた。
ここに痛みが出てきたとか今までそこを阻害していた要因がなくなれば
次の要因が出てくる。
これの繰り返しで、細胞を少しずつ剥がして柔らかい筋肉を作る。
工夫としては、 練習をする日は朝から熱いお風呂に入って筋肉を
ほぐすとかそうい知恵も必要だったりする。漠然とやってては効果は
頭打ちだ。
後は、今朝もやったが、腹筋ローラー。これ全身を鍛えるのに効率
がいい。ヨガはヨガで鍛えるという、なんだかこだわりを持った人が
多いが、私は鍛えてできるポーズは鍛えてさっさとやればいい。
と思うのと、筋トレ嫌いなんで、腹筋ローラーで効率よく鍛えるように
してる。なんせ、転がすだけ。なので。
久しぶりにヨガについて語ったが、骨格が歪んでる状態で練習して
もそりゃ、あかんだろ。という事です。歪んだ状態があれば、バランス
取ろうとして、別の場所に歪みを作る。
ある程度は生活習慣とか姿勢とかで仕方なく、私もずれてくるけど、
正常な状態で練習して、その位置を覚えこます。ヨガのアサナは
その為にやってるようなもんと言えば言い過ぎか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする