7/24 今日の修行

朝、クレイを飲んでから、スマーティに相変わらず30分入る。今日はワークショップ
があるらしいので、整骨院コース。そんで、腹筋ローラーした。そろそろご飯が炊け
る、、、 
腹筋ローラーしたが、まだ足腰の筋肉痛が抜けてないな。月曜日のトレッキングは
ヨガと全く違う筋肉を使うのと、持久力がいるので、体力作りによいと思うので、
当面体力つくりも合わせて継続してみようと思う。
------------------------------------------------------------–
昨日のトラブルでもそうだけど、自分の意志を明確にするというのは、結構大切。
言った言わない。言って反応がないから、合意したものとみなして勝手に物事を
進めてトラぶったから、その責任を押し付けてくるとか、訳のわからん人が多い。
自分の思い込みというか、自分が正しいとして、それを相手に押し付けるから、
トラブルの元になる。自分が正しいと思うのと同じで、相手も正しいと思っている
のだから、歩み寄って、譲歩できるところは譲歩する。できないところはしない。
そんだけ。自分が逆の立場なら、どう思うか? を想像できない人間が多いと
思う。想像しても実際は違うとは思うけど、想像しようとする事が大切。
------------------------------------------------------------–
どういう事か説明しよう。
A B C D と4社があり、
A 海外の仕入れ先
B うち
C 取引先
D Cの納品先
1.Cから うちに 引き合いが来る。Aから価格、納期をもらい、Cに提示。
2.図面か何かに不備があり、製造が進まない。
3.納期が当初の予定より遅れるので、Cに伝える。
4.〇月〇日までに納品しないと損害賠償が発生する。といきなり言う。
5.何とか納期を間に合わせるべく A社奮闘。
6.それでも間に合わないという事になる。
7.Cが日本で調達する。差額を払ってもらう。といきなり言い出す。
8.Aには日本で納期が間に合うかどうか分からないから7は伝えるなという。
9.Cが勝手に日本に発注し、事後報告でいくらかかったから差額を払え。と
  してくる。(A社の3倍の価格)
10.Aは当然反発。聞いていないので払えない。もし7を知ってたら
  受注しなかった。(当然だ。)
11.CにAは払わない(当然だ。)と伝える。
12.Cがうちに支払えとしてくる。(バカじゃないの?)
13.うちの身内が払うから、Cとは二度と取引しない。と伝える。(バカじゃないの?)
どうですか?訳の分からない連中ばかりでしょう?
1.まず、納期が遅れたのはA社の問題だとしても確認事項にC,Dが
  回答しないから、製造がスタートできない。にも関わらず、当初の
  納期を守れというのがそもそもおかしい。Cは確認事項以外の
  ところは当然製造スタートしていても問題なく、仕上げの部分なので、
  その部分が確認が取れていないから製造スタートしてないのは
  おかしい。と主張する。
 → そこの確認ができないとキャンセルくらう確率もあるから、Aが
    製造スタートしてなかったのは当然だろう。
2.そもそもCがうちに〇月〇日までに納品しないと損害賠償が発生する
  ので、間に合わない場合、国内調達して差額を払ってもらう。という、
  事前連絡がない。
 → 日本の会社でこういう仕事の進め方するやつはとても多いが。
  そんな、理由があるなら、最初に言うべき。輸入なんだから、台風
  で船が遅れたとか不可抗力なんて腐るほどあるだろうが!!
3.よって、A社もそんな事情は知らないので、いきなり差額を払え。と
  されても払う義務などない。が、Cは当然だとばかりにしてくる。
 → Cの仕事の進め方は、相手の立場を考えるとか一切ない。
4.そもそも何でうちがCに払う義務があるのか?8にて聞いていたから、
  知らなかった訳ではない。と身内は言う。払わないとも言ってないので、
  払うと取られても仕方ない。それに、払わずに後でごちゃごちゃ言われ
  る位なら払う。という。
まとめ
全く私には理解不能な思考を持っているので、とてもストレスが溜まる。
まず、知っていた、知らなかったという問題ではなく、
1.事前に納期遅れが発生すると損害賠償が発生する事をCが発注時に
  我々に伝えていなかった。契約内容にはそんな記述は一切ない。
2.AもBも Cが請求する差額を払う事になど一切同意してない。(うちは
  知ってはいたが、同意はしてないし、Aに伝えるとしたら伝えるなとCがした。)
3.にも関わらずCの独断で別に発注した。
私に言わせれば、ポイントは上記の3点だ。細かいやり取りとか個人の思惑は
まずもって、無視でよいと思う。
昨日、Cに対して身内が切れて、払うから取引は今後しない。と言ったが、
取引しない。事については同意だ。が、払う事には私は同意していない。
何故払うという発想が出てくるんだ?
全く理解不能。
昨日、私はCにこう言った。
1.1000円の鞄を私が発注しました。
2.納期が間に合わないので、グッチやシャネルなど100万円の鞄を買いました。
3.99万9000円の差額をいきなりあなたに請求したら払いますか?
と。この請求は上記と同じ事だと言った。
それでも、間に合わなかったからとかごちゃごちゃ正当化しようとする。
〇月〇日にこれがあるというのは、急に決定した訳ではなく、先に決定
していたはずだ。それは何時から分かっていたのですか?と聞いたら、
発注時には分かっていたが、納期が間に合うから伝えていない。
という回答。Dとその先に、遅れる事はわかっていたのだから、早めに
伝えて、スケジュールを調整してもらう事もできたのではないか? 
納期が遅れる事は確かにAとうちの責任内だが、損害を払う事などは
全く聞いていないし、納期遅れも事前に伝えた訳ではない。
これに関しては無回答。(あぁ、マズイ事ほど先に連絡しないといけな
いのに、してないな。こういう人間は大抵、楽観的というか何とかなる
だろう。とか、脅せば早くなるとか考えるタイプだ。)
どうしようもねぇな。
間に合わないから、何でもやって言い訳ないだろう。
身内に言ってやった。
1.ピストルを突きつけて今から打つ。と言われた。
2.打ったらダメだと拒否しなかった。
3.事前に1で打たれる可能性がある事は知っていたが、
  回答しなかったから、YESと取られた。
4.だから、ピストルで打たれて殺された。
納得できるか? と。
それは極論だとされたが、
本質は同じだ。
というか、極論を持ちださないと理解できないから極論を出してる
んだろうが!!
冷静にCに私の言ってる事を淡々と突きつければいいだけなの
だ。もう取引するつもりがないなら、払う必要がどこにあるんだ? 
Cがうちに今後も安定して、今回の損害以上の利益をもたらして
くれるなら、私は
理不尽は受け入れる。
が、もう取引しないなら、
払わない。
というか、払う義務も落ち度もないんだから。
何度も書くが、淡々とCに
・事前にCがデッドラインを知らせていない。
・損害賠償が発生するなら、事前に言うべき。
・同意もなくCが進めた。(知っていた知らなかったの問題ではない。
 Aもうちも同意などした覚えはない。)
確かにCがDとの間に発生した損害については、不幸だと思う.
よって
仮にCが自分の落ち度を認めて、それでも助けてくれ。というなら
うちの利益分と少し位なら、カバーしてもいいか。また取り返せるから。
私の理解の範疇はここまで。(これでも十分優しいと思うがどうだろう。)
が、残念ながらCにはそんな気は一切なく、
・自分の損失は認めず、ひたすら自分の主張が正しいと自己弁護に終始した。
とても見苦しい。
Cに言わせれば、
・納期に間に合わなかったのだから、損害が発生する。
・差額はA,Bが持つのは当然。
という主張だが、なら、
私の言ってる事を論破してみろ。

第三者に私の主張とあなたの主張を聞いてもらい、判断してもらって結構。
だが、うちの身内が払うと言ってしまったので、どうしようもない。
「真に恐れるべきは有能な敵ではなく 無能な味方である」
とナポレオンが言ったが、これは私も実感している。ごちゃごちゃ
言われようが、説明すれば、どちらに非があるかくらいは賢明な人は分かる。
上記でお分かりになると思うが、Cの
・自分の主張が正しいとして、相手の意見も聞かずに、勝手に
 飲むだろうと押し付ける。
事が全ての元凶だ。後、何をどうやったら払う。という考えが出てくるのかが
私には理解できない。
・うるさいから払って済ませる。
・後でごちゃごちゃ言われたくない。
・自分の美学だ。
との事だが、全く理解不能。
自分の考えが正しいかどうか? も確かに大切だ。私も基本的には自分の
考えに基づいて、行動してる。
が、重要な時は
・理に適ってるかどうか?(誰が聞いても納得する。)
だろ。
BとC の考え方をする人間の特徴は、
・絶対に相手の意見を聞かない。
・絶対に自分の主張を変えようとしない。
・論理的に矛盾を突かれると、自分の主張(論理的な裏付けはない)
 を頑なに突き通そうとする。
・相手の利益を認めず、自分の損失だけは避けようとする。
の4点だ。私は特に
・相手の利益を認めない人
が嫌いだったりする。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする