10/16 今日のいぼ 8日目 ふやけていたので取った

IMG_0001

多めに木酢液湿布をしているつもりだが、周りが盛り上がって
(ふやけて)、中の黒いところは変わらず。

で、ピンセットでつつくとボロボロなんで、

ピンセットタイプの毛抜きと爪切りで取り除くと、、、、

IMG_0001_1

黒い部分があっさりと取れました。そこだけ腐った皮膚みたいに、、、

で、穴ぼこがバックり。と

ブログ的には美味しい瞬間ですね!(俺だけか、おぉっ!!と
なってるのは。)
周りの黒いところがまだ、残っていますがこれは盛り上がってきた
時に削り取ることにしましょう。(この画像の後に取れるところは
取ったが、出血したら感染源を広げるだけなので止めた。ここが
最前線な訳ですが、、、いくら大本営を叩いても、残ったのがゲリラ
線を始めたら治らないですからね。追討、殲滅作戦をやらんと。)

しかし、このボロボロの黒いところの上にいくら木酢液湿布をしても
変化はなかった訳です。死骸の上から攻撃しても生きてるのをガードする
だけですもんね。これで、木酢液をシェルターなしで打ち込める事に
なるかもです。この穴の中に木酢液なり消毒液を詰め込んで、ウイルスを
完全に殺すことが大切になるので、木酢液湿布は継続です。

で、木酢液凄いよね。スピール膏よりボロッといく。

自然に取れるのを待とうと思っていた時期が俺にもありました。

が!

攻めの姿勢で行くことにしました。

これで、消毒を続けて、黒い場所ができなくなっていくと、
ウイルスに侵された場所が無くなった。という事でしょう。

あっ、そうそう。小指の方はこんなボロボロしてないので、
上の角質を軽く削り、木酢液、ティーツリーオイルが
ダイレクトに攻撃できるように後方支援の迫撃砲を打ち込み
ましたよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする