9/21 高御位山縦走(播磨アルプス JR曽根~JR宝殿)

このコースのまとめ(あくまで私目線)

 駅から登山口が近いが、帰りは遠いという。展望が開けており、気分よく歩ける。
岩登りもあり、距離もほどほどにある。真夏は多分、恐ろしく日差しも強いので、
真夏と真冬以外に登るのがいいと思う。個人的にはまた行ってもいいかなと思わせる
コース。おススメ。
————————————————————————
IMG_0002
IMG_0003
IMG_0004
IMG_0005
IMG_0006

1.JRの曽根駅で降ります。降りて改札を右に。で、突き当りを左に。
  で、また左に。適当に行けばOKです。ちなみに水は2Lは用意し
  た方がいいよ。と。

IMG_0007
IMG_0008
IMG_0009
IMG_0010
IMG_0011

2.迷う事はまずありえないですが、国道2号線を渡って(一応、歩
  道橋を渡りましたが、交通量は少ないので、、、、)最初の分か
  れ道を右に。で、超わかりにくいけど、草むらを上がります。こ
  こが登山口です。幅が狭いし、草むらですが、ここを登ると普通
  に山登りコースに続きます。私もネット情報で知らなかったら見過ごし
  てたよ!というくらい、えっ?というようなとこです。

IMG_0012
IMG_0013
IMG_0014
IMG_0015
IMG_0016

3. 登って5分もかからずにこの風景ですからね。人気あるの分かるわ。
   風景がいいと疲れない気がする。古墳があり、入り口開いてます。

IMG_0017
IMG_0019
IMG_0021
IMG_0022
IMG_0023

4.終始、こんな風景なんで、また登れと言われてもOK.と言いますわ。

IMG_0024
IMG_0025
IMG_0026
IMG_0027

5. 完全に適当になってるが、どんどん登ります。サハラキャップ
   かぶると旧日本兵に見えてしまうのは仕方ない。

IMG_0028
IMG_0029
IMG_0030
IMG_0031
IMG_0032
IMG_0033

6.風景はいいので、あまり疲れるという感じはない。

IMG_0035
IMG_0036
IMG_0037

7.登って、展望台で最初の休憩。この展望台から先が最初の難関。
  (楽しかったけどね。)

IMG_0038
IMG_0039
IMG_0042
IMG_0043
IMG_0044
IMG_0045
IMG_0046
IMG_0047

8. この展望台の後の岩登りは地味にキツイ。これ、初心者向きではないし、登るのは
   いいけど、これ下れと言われたら、怖ぇよ。と言いたくなる。間違ってもハイキング
   コースではないやろ。と。

IMG_0048
IMG_0049
IMG_0050
IMG_0053
IMG_0054
IMG_0057

9.後は終始こんな感じで登ったり、下ったり。眺めは常によし。つまらないので、飛ばします。

IMG_0085
IMG_0089
IMG_0090
IMG_0091
IMG_0092
IMG_0093
IMG_0094

10. 岩場を登りきると山頂につきました。しかし、子供とか、登山の恰好し
   てない人が沢山いるなぁと、、、よくみると、階段の登山道があるんです。
   誰でも登れるんじゃないか!と。私は苦労して登ったのにさ。

   16時なんで、残りの縦走は止めて、降りる事にしました。麦茶もほとん
   どなくなったし。
   
   へたれなのかも知れないけれど、一人だから、夕方遅くまで、山登り
   は止め。何が何でも縦走を完結しようという考えはNothing.
   というか、ここまでで、3時間以上は歩いてるし。残りは次のお楽しみ。
   ちなみに、曽根から登りましたが、山頂から宝殿への縦走道はわかり
   にくいので、宝殿から登った方が縦走にはよいと思います。5時間半
   かかるのは確かなので、私みたいに午後から登ろうとかは止めた方が
   よい。
 
IMG_0095
IMG_0096
IMG_0097
IMG_0098
IMG_0099
IMG_0103

11. 道が整備されているので、楽勝で下山。後はGoogle先生に頼って、
   宝殿駅まで歩きます。

IMG_0100
IMG_0101
IMG_0102
IMG_0105
IMG_0106

12. 麦茶がなくなって、体力消耗してたので、スポーツドリンクをGET.
   メッチャ美味しい。ズボンとザックの白いのは汗の塩です。で、歩き
   まくって、オアシス発見。

IMG_0107
IMG_0108
IMG_0109

13.グランドキリンGET. HP回復。で、駅が見えてきて、後は普通に電車に乗って
  帰った。で、梅田で、ストックを買った。これで、ストック二刀流。ストックは
  疲れ具合が圧倒的に違うので、やっぱ要るなと2回目の登山でわかったし。

本来は縦走なんですが、岩場降りるの面倒だったので、途中で下山しました。
ぼっち登山なんでこういうのはとても楽に決断できます。