6/11 今日の修行

 今日も一日だけ頑張る。どうもネガティブだと言われるが、ネガティブは
悪い事ではないと思う。最悪の結果も予測して、それを回避するようにしてる
だけなのだ。まぁ、到底受け入れられるものではないが、、、
 ポジティブな人間には二種類いて、どん底を知らないからポジティブで
いられるというのがまず一つあると思う。こういう人は私に言わせれば、
単なる、能天気、無責任 極まりない。まぁ、調子の良い時はさほど問題
にならないが、いざ、一大事とか修羅場、土壇場になるとこういう人は
全く持って頼りにならないか、害を起こす張本人だったりする。
 無知=悪 だ。ただうろたえるか、人に助けを求める、人を責めるだけで、
自身では何も責任を取る事がないケースがほとんだ。
 逆にどん底を知った上で、ポジティブになれるというのは本物だと
思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. みんくる より:

    私もどちらかと言うと、ネガティブ寄りの人間なんですが
    ネガティブ=悪・欠点と、性格を直すべきだと否定され
    かなり落ちこみましたが、これ読んで、やっぱり!と
    欠点と捉える人ばかりではないんだと、立ち直りました。
    物事、良い方向ばかりに転がる訳ではないから、悪い方向もあるよ、、、
    と考えたり言っているだけなのに。
    良い方ばかりに向かうなら、苦労なんてしませんよね。

    • みんくるさん

      ネガティブは全然ありでしょう。直す必要などないです。
      私はかなりネガティブです。よって最悪のケースを常に想定
      し、それを避けるようにシュミレーションしています。ダイ
      ソー(100円ショップ)の矢野社長の発言(ダイソー 矢野社長 
      ネガティブで検索)をみてください。自分よりネガティブな人
      っているんだなと思います。でも、私は全然よい事だと思うの
      です。悪い事を経験しないと人間成長しませんから。
      私はインド人ともやり取りするのですが、彼らのポジティブさ
      (何でもNo Problem。根拠はなし)に巻き込まれる事が
      多いので、楽観的に物事を考える人間は嫌いだったりします。
      そういう人間とつき合うと大抵トラブルに巻き込まれて、事後
      処理をするのは周りなので。大抵は、こうなるとは思わなかった!
      と逆切れして、思考停止するんですよね。最悪のケースを想定
      してシミュレーションしておく事はとても大切です。
      ただ、単にネガティブはよくないですね。カーネギーの道は
      開けるという本(ベストセラー)をお読みになった事がない
      ならおススメします。