証明写真の量産

資格試験に就職、転職など証明写真は沢山要りますよね。
で、資格試験とかパスポートなんかは写真屋で撮れば事
足りるんですけど、就職活動やら転職活動となると、沢山
要ります。

こんなんで数枚1000円とか払ってたら割に合いません。
資格試験にしても、くそ鬱陶しいマイナンバーにしても
サイズが違うと撮りなおすが面倒です。

自分で撮る。というのもまぁいいんですが、世の中そういう
のを好まない旧石器時代の人間がいるのも事実なんで、最初
の1枚だけは写真屋で気合を入れたのを撮り、後は自分で量産
しよう。

というのがこの記事の趣旨です。その昔はネガをもらって、都度
量産だったのが、今は自分でできる時代です。

1.写真屋で証明写真を撮り、データをもらいます。自分で撮る
のはやめましょう。との事。私は

カッターシャツの裾捲りあげて腕汲みしたドヤ顔のを履歴書
に貼り付けたいんですが、まぁ、書類選考で落とされるだろう
から無難にスーツ、赤のネクタイでいきました。(つまんねぇけど)

IMG_20160120_163352

カメラのキタムラ 証明写真コラム

を見て、どういうサービスか?はご覧ください。2160円
かかりますが、プロのカメラマンが撮った写真のデータが手に
入りますので、これを利用します。

ただし、このデータは生データなんでプレミアム加工はされて
いません。(まぁ、商売ですからね。)よって、このCDを持っ
てきたらプレミアム加工の焼き増しをしてくれるんですけど、
1枚400円もします。

よって、写真加工に特化したWebアプリを使います。

2.簡単なのがいいです。

特に女性や女子大生なんか証明写真何枚も撮るとの事
(どうせ面接行ったらわかるのに。)なのですが、自分で
やれば安いというか無料です。

別に PIXLR EDITOR とかでもいいのですが、これは結構
マニアックにやる人向けなので、証明写真に特化した感じ
のがよいでしょう。

写真加工.com

でいいでしょう。使い方は簡単なんでいじっているうちに
覚えます。

もっと簡単なのは

Cirtrify です。使い方は英語がわかる人なら直感でわかるのですが、
日本語で解説してくれている人がいるんで、

貴女のシミ・シワ・クマ全部消しちゃう写真加工ソフトの使い方

を見れば、丁寧に解説してくれています。輪郭を細くするとか
そういうのは違うソフトを使わないといけませんけどね、、、
まぁ、そこまでやると詐欺に近いのと、面接行ったらえぇ~~と
なります。まぁ、男でやる人はいないだろうから、女性向けですね

で、修正した画像を ネットで切り取る事もできるけど、

証明写真をつくろう!

とか簡単なので、写真の範囲を切り取って保存、USBメモリに
いれてコンビニにいって証明写真モードで印刷するもよし。(簡単)
自宅のプリンタで印刷するもよし。

これで証明写真の量産はバッチリです。この前 3x2.5 の証明
写真をコンビニで量産しましたが、70円で8枚GETできました。

もっと安くする方法もあるけど、手軽にやるならコンビニでいいと
思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする